書籍・雑誌

2017年11月 3日 (金)

2017年10月の読書メーター

10月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:557
ナイス数:50

本日は、お日柄もよく本日は、お日柄もよく感想
言葉の強烈さ、間のとり方、喋り出し、空気を読むなど、スピーチライターでなくても、普段にも使えそうな事柄多し。よくありそうだが、自分の身に起こらないと、実感しない事件を取り上げ、政治家に結び付ける。最後は、恋までみのり、読んで〇
読了日:10月31日 著者:原田 マハ
海の見える理髪店海の見える理髪店感想
最後は、大泣きになってしまった私です。
読了日:10月01日 著者:荻原 浩

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

2017年9月読書メーター

9月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1028
ナイス数:64

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)雪煙チェイス (実業之日本社文庫)感想
推理小説とは言えないような。。犬の紐も調べれば違うとわかるだろうし。。
読了日:09月17日 著者:東野圭吾
宮辻薬東宮宮辻薬東宮感想
かなり怖い本。宮部>家&殺人。母まじめ~辻>母と振袖。先生~薬>殺された人が入り込む指輪。家出者の父が、先生~東>スマホが死亡時刻を教える(幽霊?)&殺人の連鎖。幽霊~宮>技術、幽霊&居酒屋で他の客に「ふざけるな!」この一言で、宮に戻る。最初と最後は、つながりあるが、途中は、みなホーラー話ということでのつながりしか見いだせなかった。。
読了日:09月12日 著者:宮部 みゆき,辻村 深月,薬丸 岳,東山 彰良,宮内 悠介
変幻変幻感想
久しぶりの今野敏本を読んだ。毎日雑用に追われている合間に、語りの話を覚えるため、同じ物語ずーっと唱えていたので、これを読んで、スッキリした!宇田川主人公。同期の大石が潜入捜査。救出困難となり、0の蘇我に声がかかり、蘇我から宇田川に救出の手伝って!が来た。宇田川の直上司は、植松、係長は名波。課長は、田端。子のメンツの話は、前に読んだことがあるが、例によって、中身は忘れている。。
読了日:09月08日 著者:今野 敏

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

2017年7月の読書メーター

7月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2473
ナイス数:20

鬼九郎孤月剣 (新潮文庫)鬼九郎孤月剣 (新潮文庫)感想
敵か味方か?!何度も出てくる不思議?しかし、案して読んでいられたのは、ほかにも鬼九郎を読んでるから。無!できん状態だ。小心者だからね私。
読了日:07月28日 著者:高橋 克彦
三人姉妹殺人事件 (特別書き下ろし)三人姉妹殺人事件 (特別書き下ろし)感想
軽い読み物。3人姉妹の主人公と、めぐりあわせで事件に関係してしまう3人姉妹。こちらは、3人別れ別れになっていたが、この事件の当事者として、偶然大臣のゆかりの誕生パーティで、出会う。主人公たちは、ポジティブにとらえ、この事件によって、3人は、巡り合えた!のでは。と言って閉めるが、なんだかなぁ。。つまり、漫画程度の娯楽物として、読むには読めるが、貴重な時間を割くと思うと、読むのは、無駄に近い行為の気がする。
読了日:07月23日 著者:赤川 次郎
火城―幕末廻天の鬼才・佐野常民火城―幕末廻天の鬼才・佐野常民感想
佐賀藩主進んだ人だ!佐野常民(栄寿)根回し抜群。上司をも説得できる?!命がけで泣くと人をも動かせるのだね。日本史的な本は、いかんせん名前が読めず!覚えられず(;´д`)トホホ 漢字多しだし、技術的なことは、わからないし、地理的&藩(主)の意志とかまるで分らないので、途中上澄みだけ読むところがあったが、読み切ることができた!これも栄寿のの余波かも(^▽^)/
読了日:07月18日 著者:高橋 克彦
たまゆらりたまゆらり感想
怖いしぶきだよこの本。でも途中で、やめられなかった。短編がいくつか入っているから、やめることも可能だったのに、不思議だ。なんか魅力があるんだよなぁ。しかし、彼のホラー系は、読むまい!と決めた私です。怖い夢見たし。。。
読了日:07月16日 著者:高橋 克彦
わたしのウチには、なんにもない。 4コマ総集編わたしのウチには、なんにもない。 4コマ総集編感想
おもしろい。捨てるか否か決められない時、実際に使ってみる。外に着て行ってみる。など、自分にすとんと落ちる方法が書いてあって、納得。彼女もすんなりステマになったのではないことがよく分かり、交感を持ちながら完読することができた。 捨て本?の類の片づけ本は、落ち込むからね(;^ω^) この本は、〇
読了日:07月14日 著者:ゆるり まい
警視庁文書捜査官警視庁文書捜査官感想
事件を言葉、文書、心理から追跡していく話は、初めてでした。なかなか新鮮だったけど、話の筋は、夏の暑いさなかに読むには、まどろっこしかった。てか、やっぱりこんなにうまくいくかいな?!感が、私の根底にあるんだろうな。。
読了日:07月08日 著者:麻見 和史
鬼九郎鬼草子―舫鬼九郎〈第2部〉鬼九郎鬼草子―舫鬼九郎〈第2部〉感想
鬼九郎1は、未読で読んだ。しかし、なんとなく登場人物のた人柄もわかった。これは、悪者?方面の人物は、わからず、その点は、推理?する面白さがあるが、解決に向かうときは、常に刀、血をみることになる。良い方がわにも、死人が出る。ちょっとなぁ。。。鬼九郎1も読んでみるか?うーん、やっぱり歌麿シリーズのほうが面白いな~。
読了日:07月04日 著者:高橋 克彦

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

2017年6月の読書メーター

6月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1857
ナイス数:33 

 5月分がなかったorz

だましゑ歌麿だましゑ歌麿感想
難しかった。敵か味方か?!これ読んで、歌麿と千一の関係が築かれたわけがわかった。このての正義人大好き。
読了日:06月28日 著者:高橋 克彦
かげゑ歌麿かげゑ歌麿感想
さやえ歌麿>好きな人おりえを、ようやく見つけられたのにね。。かげえ歌麿>最初の好きな人おたまに子供ができていたのを知らなかった歌麿。ようやく会えたら、敵となっていた?!判じ絵歌麿>おゆうからの判じ絵に助けられ、おゆうとも気持ちが、通じる。 めでたしめでたし。
読了日:06月25日 著者:高橋 克彦
日小見不思議草紙日小見不思議草紙感想
おもしろい!漢字にはルビがふってある。短編?が5編はいっている。どれも、人情味あふれ、ほんわかした読後感を得あれる。児童書だが、大人の私が読んでも楽しめた(⌒∇⌒)
読了日:06月21日 著者:藤重 ヒカル
しんせかいしんせかい感想
わけわからない。面白くない。途中読みながら寝落ちしていた。自分は、なんで予約して読んでいるんだろう?最後まで読んでわかった。芥川賞とった作品なので予約したのだった。あ~『芥川賞作品』ね!それで納得した。私に、芥川賞作品は、読みこなせないorz
読了日:06月18日 著者:山下 澄人
X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫)X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日 (新潮文庫)感想
逆算>してる!私も。君に伝えたくて>グスン p(´⌒`。と。一人では無理がある>あり得たらよい(´ー`*)ウンウン。柊と太陽>なるほど。子の心、サンタ知らず>電車で読んだのは、間違いであった。(´Д⊂グスン。荒野の果てに>うまくいくといいね?!うまくいってほしい。奇跡が起こる確率高い日だもんね(⌒∇⌒)
読了日:06月10日 著者:朝井 リョウ,あさの あつこ,伊坂 幸太郎,恩田 陸,白河 三兎,三浦 しをん
完四郎広目手控 不惑剣完四郎広目手控 不惑剣感想
武田神社の木陰で完読。木々の中で、マイナスイオン浴びながら、10台の若者死を止めることのできない完四郎の辛さを、共感?!できた。歴史上の事柄には疎いワタシだが、戦は、避けたい気持ちはよくわかる。しかし、歴史は止まらない。今は、日本の若者も強制的に駆り出される状況が起きる可能性もあるような気がしている。。戦反対!
読了日:06月06日 著者:高橋 克彦

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

2017年4月の読書メーター

読んだ本の数:3
読んだページ数:1126
ナイス数:55
3月分まとめるの忘れてた(つд⊂)エーン
先月は、長男一家の転勤騒動で、大忙しだったからなぁ( ´Д`)=3 フゥ
 
1月読んだ本の数:20
2月読んだ本の数:11
4月読んだ本の数:3
今年 34冊
 
ラプラスの魔女ラプラスの魔女感想あり得なさそうだから、普通に読めた。読了日:04月29日 著者:東野 圭吾
おこう紅絵暦 (文春文庫)おこう紅絵暦 (文春文庫)感想おこう頭脳明晰、人情味に富み、コミュニケーション力高し。 お鈴&お由利。キレイどころ満載。読了日:04月26日 著者:高橋 克彦
完四郎広目手控 (集英社文庫)完四郎広目手控 (集英社文庫)感想旗本?次男坊の完四郎の謎解きと対応の小説。対応が、法的でなくとも、悪者が、メンツを守り、自主的に自分を裁くように促し、見守る。結果の対応が、私好みである(⌒∇⌒)読了日:04月11日 著者:高橋 克彦
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

2017年2月の読書メーター

読んだ本の数:11
読んだページ数:1919
ナイス数:33
1月読んだ本の数:20
2月読んだ本の数:11
 
年間 31冊
 
ひなこまち
なこまち感想現生に戻ってこられてよかったねε-(´∀`*)ホッ雪柳と殿に幸あれ。殿みたいに妻を好きでいられるだんなが、どのくらいいるのか?たくさんいるなら、現在の離婚率は、減少することだろう。読了日:02月19日 著者:畠中 恵
みんなおっぱいのんでたよ (幼児絵本シリーズ)みんなおっぱいのんでたよ (幼児絵本シリーズ)感想2~4歳むきって書いてある。2~3歳親子お話し会で読もう。読了日:02月19日 著者:木坂 涼
どうぶつのおかあさん (福音館の幼児絵本)どうぶつのおかあさん (福音館の幼児絵本)感想0~1歳の親子お話し会で読もうと思ったら、2~4歳むきと書いてあった。。。_| ̄|○読了日:02月19日 著者:小森 厚
あやかし双子のお医者さん 一 ばけねこと鈴の記憶 (富士見L文庫)あやかし双子のお医者さん 一 ばけねこと鈴の記憶 (富士見L文庫)感想漫画チックに軽く読めて、かつほどほどに面白い〇表紙のイラスト入りは、気に入らないけど(゜-゜)読了日:02月07日 著者:椎名 蓮月
阿蘭陀西鶴阿蘭陀西鶴感想おあいとお玉のやり取りおもしろい。父の見方が、変わっていく様子も好ましい。読んで〇読了日:02月06日 著者:朝井 まかて
王国の鍵(6) (あすかコミックDX)王国の鍵(6) (あすかコミックDX)感想アーシャは、めきめき成長。うまくまとまったようだが、いまいち名前と登場人物が一致しかねる。3国は、うまくいったのだな。((+_+))読了日:02月05日 著者:紫堂 恭子
王国の鍵 (5) (あすかコミックスDX)王国の鍵 (5) (あすかコミックスDX)感想顔が同じで中身に2人?読了日:02月05日 著者:紫堂 恭子
王国の鍵 (4) (あすかコミックスDX)王国の鍵 (4) (あすかコミックスDX)感想難しくなってきた読了日:02月05日 著者:紫堂 恭子
王国の鍵 (3) (あすかコミックスDX)王国の鍵 (3) (あすかコミックスDX)感想パドのキャラスキ読了日:02月05日 著者:紫堂 恭子
王国の鍵 2 (あすかコミックスDX)王国の鍵 2 (あすかコミックスDX)感想字多し読了日:02月05日 著者:紫堂 恭子
王国の鍵 (1) (あすかコミックスDX)王国の鍵 (1) (あすかコミックスDX)感想本が剣より好きなアーシャ、パド、兄と父上の死。レティとうまくいく?読了日:02月05日 著者:紫堂 恭子
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

2017年1月の読書メーター

1月の読書メーター

読んだ本の数:20

読んだページ数:3333

ナイス数:40

絵本も入れると冊数は、増える(ΦωΦ)ふふふ・・・・

ぽんちんぱん (0.1.2.えほん)ぽんちんぱん (0.1.2.えほん)感想0~1歳で読んだ。もう何度も自分は読んでいるので、暗記気味。で、赤ちゃんたちもじ~っと見てくれ、体もママに動かしてもらっていた。のっているのが分かったので、いつもより早く読んだ。反省会で、「いつものみろさんではないみたいでしたね!でも、よかったです」ということで結果オーライ。読了日:01月29日 著者:柿木原政広
おじょらぽん (0.1.2.えほん)おじょらぽん (0.1.2.えほん)感想2~3歳のお話し会で、3冊目に読んだ。ちょうど、集中が途切れてきたころで、泣き出した子&その子を見ること、と子どもが少々ざわついてきた時に読んだ。泣いたこの母がうまく対応し、赤ちゃんたちが、この本を、静かに聞けた。おじょらぽん ねんね が繰り返されるのが、優しい感じでよい。読了日:01月29日 著者:はせがわ せつこ
ねこのばばねこのばば感想茶巾たまご 大むら屋の話  花かんざし 迷子のお嬢。6才。ここで初登場? ねこのばば、寛朝さんの若かりし時の話。 読了日:01月24日 著者:畠中 恵
料理通異聞料理通異聞感想読んでると、美味しい精進料理、和食、それも、窓からの景色、室内の調度品の素晴らしい場所で、食したくなる。料理長が、善四郎のような人間は、今時いないだろうし、いても私が会える?ってか、料理食べに来た人のところに出てくる?著名人なら出てくるのか?!っとまぁ、私の前に料理人が現れ出でることは皆無ですね(;^ω^)彼の生涯にわたり書いてあり、納得いく面白さだった。一点を除いてはね!富吉の件は許せない。正直につつましく支えてきた妻を裏切る男。なぜ富吉としゃべるエネルギーを妻に注がなかったか!綺麗に弱い男の象徴である読了日:01月23日 著者:松井 今朝子
すえずえすえずえ感想しゃばけシリーズ大好きです。若だんなの優しさを、分けてほしい(。・ェ・)ノ ハイッ♪読了日:01月17日 著者:畠中 恵
おしょうがつさん (幼児絵本シリーズ)おしょうがつさん (幼児絵本シリーズ)感想障がい者放課後支援施設のお話会で読んできた。わかったものがある子は、声に出して言ってくれてた。『こよみ』と分かった子がいて、Σ( ̄□ ̄|||)私だって、その絵を見て、『こよみ』は、出ないorz  とりあえず、絵本に注目してくれる子がいて、楽しかった(o^―^o)読了日:01月11日 著者:谷川 俊太郎
ゆめみ こぞう (いつまでも伝えたい日本の民話)ゆめみ こぞう (いつまでも伝えたい日本の民話)感想自分の意志を貫き、やられそうになると機転をきかし、取引までして、かつ逃げおおす。そして、最後はめでたしめでたし。〇 良い話なんだけど、文中のお金が、現代社会の単位になっているのが残念である。語られてたままの単位でも、子どもには、十分適用できるだろうし、また出来なくても、聞き飛ばすかして、何も問題はないと思う。△ そして、最後の解説は、ひどいものだ。子供に昔はなしを読んであげるのに適さない指導まで出ている。解説は✖    他の人の「ゆめみこぞう」も読んでみたくなった。読了日:01月09日 著者:神沢 利子
あたしンち 4あたしンち 4感想笑いをこらえきれず、声出して笑いながら読んでしまった。ということは、いかに私と主人公の母が似ているかということに他ならないorz読了日:01月08日 著者:けら えいこ
なんにもない部屋のもの選びなんにもない部屋のもの選び感想なるほど。上質でかつ実用的で、作者の好みのドツボをいっている物たちの紹介本。これは、汚家が綺麗になったら、また読もう。読了日:01月08日 著者:ゆるりまい
なんにもない部屋の暮らしかたなんにもない部屋の暮らしかた感想要冷蔵か否かにかかわらず、冷蔵庫に調味料を、すべて入れる!を真似してみよう。読了日:01月08日 著者:ゆるりまい
わたしのウチには、なんにもない。4 はじめての遺品整理。さすがのわたしも辛かった・・・わたしのウチには、なんにもない。4 はじめての遺品整理。さすがのわたしも辛かった・・・感想先月2回もお通夜&お葬式に行ったけど、遺品整理まで気が回っていなかった。お亡くなりになると、そういうことが発生するのねそして、家に帰宅した時の寝てもらう部屋!実家の肩付けも、精を出さなくてはいけないが~、まず自分の家からにしておこう!なにしろ、親世代に、捨てたら?!を言った時の難しさを、義父宅で、痛感したばかりなので。。 読了日:01月07日 著者:ゆるりまい
わたしのウチには、なんにもない。3 モノとの上手なつき合いかたわたしのウチには、なんにもない。3 モノとの上手なつき合いかた感想トランクひとつで暮らせるようになりたい!最近は、旅行に行く時の持ち物が、リュックひとつで済むようになってきた(^ー^* )フフ♪読了日:01月07日 著者:ゆるりまい
わたしのウチには、なんにもない。2 なくても暮していけるんですわたしのウチには、なんにもない。2 なくても暮していけるんです感想無くても暮らしていけるものが、うちには大量なある( ´Д`)=3 フゥ読了日:01月07日 著者:ゆるりまい
わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますわたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります感想ためになる。読了日:01月07日 著者:ゆるりまい
ロード&ゴーロード&ゴー感想生田のキャラ好き!仕事と家族に対する思いが半端なく、行動にストレートに反映しているところがね。話の途中は、結構長いけど、最後の〆は泣ける。犯人たちの動機もよくわかるような気がする。私は、夕方から、耳が痛くなり、時間を追うごとにひどくなった時、病院に電話したら、様子を見るように言われた。2度目には、病院に来てよいと言われたが、雪降る夜中で、タクシーはなかなか来ない。。そうこうしていたら、初めての感覚が訪れ、再度病院に電話したら、鼓膜が破れたのでしょう。明日来なさいって、救急車の話ではなかったな。読了日:01月06日 著者:日明 恩
まんいんからっぽまんいんからっぽ感想0~1か、2~3歳の親子で読めるかな?と思ったが、1月の寒さの中で、半袖シャツの絵本は、却下されそうなので、半袖着るようになったら読みましょう。読了日:01月06日 著者:藤田千枝
ぼくのねこ みなかった? (ミニエディション)ぼくのねこ みなかった? (ミニエディション)感想2~3歳の親子お話し会で読もうかと思ったが、『ぼく』が、半袖シャツ着てるので、やめた。夏に読むほうが、良いね。読了日:01月06日 著者:エリック カール
子どもと本 (岩波新書)子どもと本 (岩波新書)感想勉強会の本として使用している。感想とか、まつわる事象とかを皆で言い合って、より深まっていく。 これ読んでいると、すべてにうなずきながら読んでしまう私です''`ィ(´∀`∩読了日:01月04日 著者:松岡 享子
埋み火埋み火感想武本刑事?も一瞬出てくる。武本をつくった父の様子も垣間見えた。さもなん!武本工務店で働く父と絶縁状態?の裕二。と、幼馴染の悪ガキ友だった雄大。彼が主人公。言葉の綾で、亡き父と同じ消防士となった彼が主人公。彼らと、放火の影役者のやり取りは、泣けるっちゃ〇読了日:01月04日 著者:日明 恩
御松茸騒動御松茸騒動感想彼女の本は、最後が好き!読んでて安心感あり。真四角の主人公も彼女ができるか?ヽ( ´ー)ノ 読了日:01月03日 著者:朝井 まかて
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

2016年11月の読書メーター

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:703ページ
ナイス数:46ナイス 

11月は、完読数増やすため、絵本もカウントしてみた(ΦωΦ)ふふふ・・・・

2016年 4月まで 31冊
2016年 5月まで 39冊
2016年 6月まで 45冊
2016年 7月まで 48冊
2016年 8月まで 52冊
2016年 9月まで 62冊  
2016年 10月まで 69冊
2016年 11月まで 79冊
 
今月ひと月で21冊読む!

なりたいなりたい感想
これで、このシリーズ終わりなのかな?さびしいな・・若だんな結婚しちゃうからかな?
読了日:11月24日 著者:畠中恵
ぐりとぐらとすみれちゃん (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)ぐりとぐらとすみれちゃん (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)感想
カボチャは秋?の感じがしたから、お話会で読もうと思ったんですが、登場人物の服装が、春か夏ですね(;^ω^)絵本自体は、好きなのですが、お話会で読むとなると、季節感があっているかを、気にします私。
読了日:11月12日 著者:なかがわりえこ
ぐりとぐらのえんそく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)ぐりとぐらのえんそく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)感想
4歳から低学年向けお話し会で読む本にと思って借りてきた。遠足は、あきだからぴったり!と思ったんだけど、くまさんの鼻歌によると、春の遠足みたいだわ。うろ覚えでは、すぐ使えない本選びの失敗でした。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
読了日:11月12日 著者:なかがわりえこ
ひとつめのくに (せなけいこ・おばけえほん)ひとつめのくに (せなけいこ・おばけえほん)感想
怖いな。この話。。見世物小屋で、手足切られた人が、見世物にされていた?というような小説?ニュース?どっちかわからなくなってるボケた私ですが、とにかく見世物的商業というと、好きではないのです。しかし、水族館も、動物園も見世物ですね(;´Д`)微妙だ・・・
読了日:11月12日 著者:せなけいこ
くんちゃんはおおいそがしくんちゃんはおおいそがし感想
次男も言っていた。「何したらいい?」まるで、くんちゃんと同じ状態だったことを思い出した。はて?次男は、どう対処したか忘れてしまったが、くんちゃんは、自然の中で、たくさんのお仕事を見つけたんだね(^▽^)孫もこうなってほしいなぁ(((○UωU)ノ"♪
読了日:11月12日 著者:ドロシー・マリノ
くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)感想
思われて、去られて、冒険して、お城とかみる。再会して、普通の家に連れていってもらえ、友達になる。ボタン取れてても、自分は構わないけど、あなたのことを思って付けてくれる。素敵な友達関係の出来上がり☻
読了日:11月12日 著者:ドン=フリーマン
ピーターのいす (キーツの絵本)ピーターのいす (キーツの絵本)感想
このお話は、下に兄弟ができた子の感情として、あるある!でしょう。で、ピーターのように、みながうまく、下の子の受け入れ態勢に入れたらよいですね(。・ェ・)ノ ハイッ♪
読了日:11月12日 著者:エズラ=ジャック=キーツ
ティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)ティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)感想
障がい者児童放課後支援施設で、読んでみた。今年度は、施設でも、畑を借りて、食物育てているしね。お話し?登場人物、物が、少なく、単純な構成になっていて、繰り返されるから、わかることもあるかも?と期待してみた。みな静かに聞いてくれた。この状態だけでも、すごいことなのだ。(o^―^o)
読了日:11月12日 著者:パット・ハッチンス
まあちゃんのながいかみ(こどものとも絵本)まあちゃんのながいかみ(こどものとも絵本)感想
思っていることは、カラーで、現実は白黒で書かれている。現代版絵本。女の子が3人でおしゃべりしている。なんとも楽しそう!もちろん一番楽しそうなのは、まあちゃんです。で、この本が、「私にあうのでは?」と言われたことがあるのだ。時期的に、寒いときには、読めないわ。。 まあちゃん、半袖だもんね。来春は、読み込もう(・∀・)!!
読了日:11月12日 著者:高楼方子
羊と鋼の森羊と鋼の森感想
主人公は、自分の選んだ職業に間違いはなかった!すばらしい。ってか、うらやましいかも(゜-゜)で、ピアノを弾きたくなったし、調律も何十年ぶりに頼むか?って気持ちになった。すぐピアノは、触りだしたが、調律は、お金がいかほどかかるか?!恐ろしや~で、引き気味( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
読了日:11月11日 著者:宮下奈都

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

2016年9月の読書メーター

2016年9月の読書メーター

読んだ本の数:10冊 

読んだページ数:3533ページ 

ナイス数:25ナイス 

2016年 4月まで 31冊
2016年 5月まで 39冊
2016年 6月まで 45冊
2016年 7月まで 48冊
2016年 8月まで 52冊
2016年 9月まで 62冊 
 
今年中に、38冊読む!
1か月=13冊目標。

黒の狩人 下 (2)黒の狩人 下 (2)感想 やっぱりやくざも絡んでたのね。正義の人が、主人公と女と中国の人2人の4人はいてよかった(。・ェ・)ノ ハイッ♪やり方は、やばめだけどね。 読了日:9月30日 著者:大沢在昌
黒の狩人〈上〉黒の狩人〈上〉感想 警察ものの主人公は、はみ出し者?だが有能?とかいう感じの個性豊かな人が多いいような気がする。その方が、白黒はっきりできて楽かも?そして、根底には、法厳守、正義の味方感がみなぎっている。読者も応援したくなるようね(。・ェ・)ノ ハイッ♪準主役の女の設定は、不倫者。生真面目主婦には、受け入れられないだろ~な。この人の読者は、主婦は少ないのかな? 読了日:9月29日 著者:大沢在昌
遺譜浅見光彦最後の事件 (下) (単行本)遺譜浅見光彦最後の事件 (下) (単行本)感想 最後まで読んでも、結論は定かでない締めくくりかた。気を持たせるなぁ(;^ω^) 読了日:9月28日 著者:内田康夫
遺譜浅見光彦最後の事件 (上)遺譜浅見光彦最後の事件 (上)感想 女と殺人と楽譜と暗号と歴史的背景。最後が難しい。 読了日:9月28日 著者:内田康夫
誘拐児誘拐児感想 殺人事件を追う4人の捜査員、誘拐事件を担当した元捜査員、母の姉、母、彼女など。輪島の最後の結論に共感。彼女と女のやり取りのあたりは、一緒にドキドキした。各登場人物が、一癖あり、結構重かった。 読了日:9月22日 著者:翔田寛
神奈備神奈備感想 難しすぎる。。生きている意味とか、考えられない。挙句に結末これじゃ、救われない。しかし、結末よくては、違和感大有りの作品になっちゃうだろ~し。。ふたりの山登りの様子が交互に出てくるんだけど、途中からすっ飛ばして読んだ。読み終わって寝たら、今は亡き2人の祖父の夢をみた。影響されやすいわたし。 読了日:9月19日 著者:馳星周
廃墟に乞う廃墟に乞う感想 仙道療養中の期間に、かかわった事件の短編集。&仙道が、復帰するきっかけとなった事件で、〆ている。 読了日:9月16日 著者:佐々木譲
臥龍: 横浜みなとみらい署暴対係 (文芸書)臥龍: 横浜みなとみらい署暴対係 (文芸書)感想 笹川と諸橋のやり取りは、面白いなぁ(o^―^o) 読了日:9月13日 著者:今野敏
マインドマインド感想 家族のことが、すご~く気になってはいたんだね碓氷氏は。それが催眠術かかって自覚できてよかったね(^ー^* )フフ♪ 碓氷と紗英コンビも、頼もしくなってきた(。・ェ・)ノ ハイッ♪ 読了日:9月12日 著者:今野敏
リストランテ アモーレ (ハルキ文庫 い 19-2)リストランテ アモーレ (ハルキ文庫 い 19-2)感想 うまくいってよかったな~(o^―^o)サブ主人公は、電話の人とうまくいくのかと思ったら??想像しましょう(。・ェ・)ノ ハイッ♪作者にしては、割と軽めの本だったような?!まぁ、とにかく読んで〇 読了日:9月9日 著者:井上荒野
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

2016年8月の読書メーター

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1363ページ
ナイス数:25ナイス

2016年 4月まで 31冊
2016年 5月まで 39冊
2016年 6月まで 45冊
2016年 7月まで 48冊
2016年 8月まで 52冊
 
残り4か月で、42冊読破が目標!
 

 

流感想
中国台湾日本の関係。歴史機的事実もあるようで、私には、チンプンカンプン。。主人公たちの信条は、白黒はっきりぎみ。だが、昔話のように、正義と悪がはっきりしないので、難しい。主人公は、それども白黒はっきり形で、悩みもわかりやすいよ~な。しかし、いかんせん、背景が、複雑。ってか、登場人物の名前が覚えられないし~。国民党、共産党。。それより、血のつながっていない、兄弟の仁義?なかなか難しい本だった。
読了日:8月22日 著者:東山彰良
制服捜査制服捜査感想
町の権力者たちが、自分たちの物差しで事柄をはかり、貫こうとした。最後の話で、詰め切れたが、もっと前の話から、突っ込みどころ満載のよ~な。突っ込んでいたら、早くに実情が見えていたのでは?!しれったい本だった。△
読了日:8月18日 著者:佐々木譲
鮫島の貌 新宿鮫短編集鮫島の貌 新宿鮫短編集感想
読み覚えのある話もあれば、意味不明の話もあり。鮫島シリーズ全部読んでいないワタシらしいです。
読了日:8月15日 著者:大沢在昌
精鋭精鋭感想
事件解決の話ではない。SATのメンバーになるまでの成長過程。訓練、人間模様。柿田、村川、藤堂、桐島。池端。
読了日:8月4日 著者:今野敏

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧