肺がん

2011年4月20日 (水)

初耳!乳がん>肺がん/2011/4/20

最初は、肺がんの手術

↑と、同時に乳がんのしこりも切除。

で、それぞれが、原発だと聞いていた。

今日乳がんの先生に聞いてきたところ、

乳がんが原発で、乳がんの転移での肺がんだったそうだ。

カルテに書いてある!とのことである。

となると、Ⅳ期:がんが反対側乳房や骨・肺・肝・脳などに転移している進行がんです。

乳がんの治療は、術後から、アルミデックスを、飲み続けている。
来年の1月で、5年?副作用は、無し。

内服剤を最低でも手術後5年間服用するのが一般的

乳がんは治癒率の高いがんです。手術後の10年生存率(全国乳癌患者登録中調査報告2000年)は、0期:95.1%, I期:89.1%, II期:78.6%, IIIa期:58.7%, IIIb期:64.5%です

って、Ⅳ期の生存率がない!
しかし、母は、4年以上生きている(´▽`) ホッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

母の肺がん定期検診/2010/10/18

10月15日のやった乳がん関係の検査で、検査員の微妙な変化を感じた母は、再発か!?と非常に不安がっていた。
今日の診察で、15日の結果も聞いてみた。
肺がんも、乳がんも大丈夫ですよ!
ほっとした母でした。>しかし、後日、全く違うところのすい臓がんの疑いが。。
白血球が、上がってきている。不安である。

5月 NCC-ST-439=2.5 CEA-15-3=16(乳がん)
6月 CEA=2.6 SLX=24
7月 CEA=2.6 SLX=37 白血球=5400
8月 CEA=2.6 SLX=25 白血球=4900
8月 NCC-ST-439=3.1 CEA-15-3=15.2(乳がん)
9月 CEA=2.7 SLX=
26  白血球=6820 赤血球=4440 NEUT=71.8(38~71) LYMPH=15.0(27~47)
10月 CEA=2.3 SLX=?  白血球=
7.45 赤血球=4.49 

標準値
CEA:5未満
SLX:39未満
白血球:4000~8600
赤血球:3800~4800
NCC-ST-439:<7
CEA-15-3:<25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

母の肺がん定期検診/2010/9/13

今日は、血液検査と問診。
先生「CEAも先月のSLXも、標準以内だから、大丈夫ですね。8月にやったCTも異常なしでしたよ」
母「最近、頭がふらつくのですが・・」
先生「血圧測ってみましょう」
最高血圧:160、最低血圧:80
先生「血圧が少し高いですね」
母「どうしたらいいでしょう?」
先生「塩分控えて、運動しましょう!朝に血圧を測ってみたら?」

ということで、帰宅したのだが、今、数値をみると、白血球が、上がっているではないか('〇';)
今月のSLXは、どうだろうか?!
SLXは、検査当日に結果が出ないのだ。

5月 NCC-ST-439=2.5 CEA-15-3=16(乳がん)
6月 CEA=2.6 SLX=24
7月 CEA=2.6 SLX=37 白血球=5400
8月 CEA=2.6 SLX=25 白血球=4900
8月 NCC-ST-439=3.1 CEA-15-3=15.2(乳がん)
9月 CEA=2.7 SLX=?  白血球=6820 赤血球=4440 NEUT=71.8(38~71) LYMPH=15.0(27~47)

標準値
CEA:5未満
SLX:39未満
白血球:4000~8600
赤血球:3800~4800
NCC-ST-439:<7
CEA-15-3:<25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

母がん検診/2010/8/3

肺がん 
レントゲン直接撮影結果 異常なし、ただし、両側肺尖部、右中肺野、陳旧性陰影あり
喀痰検査結果 異常なし
胃がん 胃は異常なし。ただし、腹腔内石灰化像、胆石の疑いあり。
大腸がん 異常なし

肺がん
陳旧姓陰影は、過去に炎症があり、治った後のことらしい。
以前の影の大きさと比較して、大きくなったりしているようなら、CTを撮るらしい。同じ病院で、かかると以前のレントゲンと比較できるので良い。>とりあえず、定期的にレントゲン、CTを撮っていて、医者が、大丈夫だと言っている。>これ以上やることないよね。。>メンタル補強に貢献あるのみってとこだねcoldsweats01

胃がん:胆石の疑いあり。>検査方法を調べてみた。
[検査]
①黄疸のある場合には血清ビリルビン、アルカリホスファタ-ゼの上昇をみます。>黄疸ないし。。
②GOT,GPT の軽度上昇をみます。>毎月検査して、異常はないが。>軽度上昇のチェックでもするか。。
③腹部X線検査:腹部単純撮影で結石陰影を認めます。胆嚢造影により、一層明瞭となります。 >検査希望してみようかな。
④超音波検査:結石は85%の検出率で極めて有用です。>こっちだけでもいいかな?

28日に、フイルムもらいに行った、感じで、来月の肺検診日に相談するか、検診日前に、病院に行くか?の、母の様子見としましょう。

σ(o^_^o)は、来月の肺がん検診日に相談で良いかな~と思っていますが。。

どうなる事やらcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

母の肺がん定期検診/2010/8/9

2006/6/12に肺がん手術をして以来(4年2カ月経過)、毎月1回血液検査と問診に行っている。

今回は、6か月ぶりにCTも撮った。>変化なし。以前からある、5ミリくらいの影も、同じ大きさで、顕在。

血液検査
CEA=2.6(5以下が標準)>OK
白血球=4900(4000~8600)>OK

7/5のSLX=37(<39) 6月=24だったのが、上がってしまった。
母ビビる!
先生「8月のCEAは、上がってないから、大丈夫でしょう」
私「8月のSLXが上がっているようでしたら、連絡をください」

ということで、帰ってきた。(;-_-) =3 フゥ
SLXは、検査当日に結果が出ないのだ。
6月 CEA=2.6 SLX=24
7月 CEA=2.6 SLX=37 白血球=5400
8月 CEA=2.6 SLX=?  白血球=4900

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

6月7日母の定期検診

母は、良く笑うようになったhappy01

しかし、昔の結果を持ち出して、「どうして?」とは、相変わらず言うがcoldsweats01

携帯も友達と使いだしているようだ。up

で、今日の結果は、CEA=2.6<5月より上がっている('〇';)

乳がんの結果も教えてもらった。
NCC~>2.5
CEA-15-3>16

肺がん、乳がんのマーカーは、標準値内でした。

( ´o`)п< <(ホ) (^▽^)良いホが出ましたな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

どよ~ん

母が突然やってきた。

また同じ「今回はずーっと良くならない。いままでより、疲れが取れない。。」等々

こちらも、「とにかく結果が出るまで、待とう。たくさん笑うようにしよう」と言っても、リピートトークが、返ってくる。

自分に余裕があれば、もう少しの時間は耐えられるのだが、今日は無理だったorz

σ(´ρ` )「では、そこまで思っているのでは、覚悟していましょう!」
と、言って、帰してしまった。

もう、自分でも、自分が嫌になるなり(ノ_-;)ハア…

実の母との関係も難しい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

肺がんマーカー

定期健診の血液検査の肺がんマーカー?(SLX)の結果が、72だった。先月の結果なのだが、今月の結果次第(また72より上昇していたら?)で、ペット検査をやるらしい。

SLXは、すぐにはわからないので、今月に知ったのである。
ちなみに、SLXのマックス値は、39。

今回のSLX以外の値は、いずれもOKだった。
CEAは、先月よりさがっていたし。(#^_^#)

先月、検査したときは、風邪の後?最中で、白血球の値も標準値を超えていたのだ。白血球は、近くの病院で風邪が治ってから、ミニドッグで測ったら正常値になっていた。だから、今月測れば、SLXも正常に戻っていて欲しいなぁ。

とにかく、1週間以内には、昨日のSLXの結果が出るので、それからだ。(;-_-) =3 フゥ
しかし、この1週間が長い。
母が、毎日どよ~んと考え込まなければ良いが。。

そういえば、先月の乳がんのマーカー(NCC-OT-439)も、その前(3か月前)より、倍以上になっていた。(-_-;)
12月=2.7>2月=6.2
まだ、標準値の範囲内だけど、心配だ。
NCC-OT-439のマックス値は、7。
この時も、風邪をひいていたのだ。

で、結果がこのようだと、また死について考えさせられる。
今回は、お葬式、お墓についてだった。
両方とも、ぬかりなくセットしてあるのだが、最近親戚の法事の後に父が「どうしたい?」などと聞いたようだ。

母としては、音楽葬とかも良いと思うようになっているようだが、なにぶん親戚の手前もあるだろうし、自分は、死んじゃうのだから、来てくれた人には、それ以上のお返しをしてくれ!とだけ言っていた。

σ(´ρ` )「大丈夫!太っ腹の私がついているから!だてに脂肪を蓄えているのではない!」と言っておいた。

これで、母は少々苦笑い。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
笑い取りには成功(*'ω'*)......ん

笑いは長寿の源なり by みろ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

肺がんは?

転移再発なし:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪
ということで、暴言も吐かず帰宅しました。C=(^◇^ ; ホッ!

しかし、先生が、ピンクのYシャツ着ていた。
顔も赤かった。
σ(´ρ` )「先生、お顔が赤いようですが。。」
先生「熱っぽいかも。。」
σ(´ρ` )「(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!! うつったら大変だから、早く帰ろう!お母さん!」

っと、またいらんことを言ってしまったような(-"-;A ...アセアセ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

肺がん検診

今日は、母の月1回の肺がん検診日でした。

本人は、だいぶ強気になってきたようで?、割り切れるようになってきたようで、
先生の「調子はどうですか?」
「大丈夫です」と答えたところまでは良かったが、

先生「白血球の数値が、1万(いつもは、4、5千)を超えていましたが。。」
母「実は、何日か前に、タンに胡麻粒ほどの血が混ざっていまいました」
先生「レントゲンを撮ってきますか?肺炎だったら、影が映るし」

結果は、異状なしでした。coldsweats01

なんでもないときは、部屋に入るなり、
先生が「今日の結果は、大丈夫でしたよ」と言うのだが、今日は言わなかったので(-"-;A ...

案の定、↑の会話となったのでした。(〃´o`)=3 フゥ

ちなみに、CEA=2.9(5以下ならOK)11月より増えている。think
先月の乳がんの血液検査は、NCC-ST-439=2.7(7以下ならOK)
CA15-3=15.3(25以下ならOK)

心配である。人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧