« 8月1回目ジムと体重 | トップページ | コードクリップ白見っけ »

2017年8月 3日 (木)

2017年7月の読書メーター

7月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:2473
ナイス数:20

鬼九郎孤月剣 (新潮文庫)鬼九郎孤月剣 (新潮文庫)感想
敵か味方か?!何度も出てくる不思議?しかし、案して読んでいられたのは、ほかにも鬼九郎を読んでるから。無!できん状態だ。小心者だからね私。
読了日:07月28日 著者:高橋 克彦
三人姉妹殺人事件 (特別書き下ろし)三人姉妹殺人事件 (特別書き下ろし)感想
軽い読み物。3人姉妹の主人公と、めぐりあわせで事件に関係してしまう3人姉妹。こちらは、3人別れ別れになっていたが、この事件の当事者として、偶然大臣のゆかりの誕生パーティで、出会う。主人公たちは、ポジティブにとらえ、この事件によって、3人は、巡り合えた!のでは。と言って閉めるが、なんだかなぁ。。つまり、漫画程度の娯楽物として、読むには読めるが、貴重な時間を割くと思うと、読むのは、無駄に近い行為の気がする。
読了日:07月23日 著者:赤川 次郎
火城―幕末廻天の鬼才・佐野常民火城―幕末廻天の鬼才・佐野常民感想
佐賀藩主進んだ人だ!佐野常民(栄寿)根回し抜群。上司をも説得できる?!命がけで泣くと人をも動かせるのだね。日本史的な本は、いかんせん名前が読めず!覚えられず(;´д`)トホホ 漢字多しだし、技術的なことは、わからないし、地理的&藩(主)の意志とかまるで分らないので、途中上澄みだけ読むところがあったが、読み切ることができた!これも栄寿のの余波かも(^▽^)/
読了日:07月18日 著者:高橋 克彦
たまゆらりたまゆらり感想
怖いしぶきだよこの本。でも途中で、やめられなかった。短編がいくつか入っているから、やめることも可能だったのに、不思議だ。なんか魅力があるんだよなぁ。しかし、彼のホラー系は、読むまい!と決めた私です。怖い夢見たし。。。
読了日:07月16日 著者:高橋 克彦
わたしのウチには、なんにもない。 4コマ総集編わたしのウチには、なんにもない。 4コマ総集編感想
おもしろい。捨てるか否か決められない時、実際に使ってみる。外に着て行ってみる。など、自分にすとんと落ちる方法が書いてあって、納得。彼女もすんなりステマになったのではないことがよく分かり、交感を持ちながら完読することができた。 捨て本?の類の片づけ本は、落ち込むからね(;^ω^) この本は、〇
読了日:07月14日 著者:ゆるり まい
警視庁文書捜査官警視庁文書捜査官感想
事件を言葉、文書、心理から追跡していく話は、初めてでした。なかなか新鮮だったけど、話の筋は、夏の暑いさなかに読むには、まどろっこしかった。てか、やっぱりこんなにうまくいくかいな?!感が、私の根底にあるんだろうな。。
読了日:07月08日 著者:麻見 和史
鬼九郎鬼草子―舫鬼九郎〈第2部〉鬼九郎鬼草子―舫鬼九郎〈第2部〉感想
鬼九郎1は、未読で読んだ。しかし、なんとなく登場人物のた人柄もわかった。これは、悪者?方面の人物は、わからず、その点は、推理?する面白さがあるが、解決に向かうときは、常に刀、血をみることになる。良い方がわにも、死人が出る。ちょっとなぁ。。。鬼九郎1も読んでみるか?うーん、やっぱり歌麿シリーズのほうが面白いな~。
読了日:07月04日 著者:高橋 克彦

読書メーター

|

« 8月1回目ジムと体重 | トップページ | コードクリップ白見っけ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/157963/71317827

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年7月の読書メーター:

« 8月1回目ジムと体重 | トップページ | コードクリップ白見っけ »