« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

最近よくくるRobot/Tool 2008/12

東大大学院の喜連川・豊田研究所の機械?が、来ていることがわかった。

まぁ、悪いウイルスや、いかがわしい検索エンジンのクローラーでは、なさそうなので、心配はいらないかなhappy01

リモートホスト

 crawl224.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp (東京)

ユーザーエージェント Mozilla/5.0 (compatible; Steeler/3.4; http://www.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/~crawler/)rawl224.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp

端末 Robot/Tool

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

ランチは、ラーメンでした。

細いラーメンの、スタンダードのしょうゆ味と、餃子を食べました。
焼き豚、小松菜、メンマ、のりが、のっていました。
昔ながらのラーメンを、何年ぶりに食べたのです。
なかなかでした。(⌒~⌒)ニンマリ
しかし、ちょーしょっぱアァ・・・\(* ̄∪ ̄)ヘヘ( ̄ー ̄*)イヒヒ・・・です。
帰宅後、大量に水をのみ、チョコを、食べました。
これで、+-で0となり、おなかも落ち着いたようです。(ΦωΦ)ふふふ・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

京都土産

①京ばあむ舎のバームクーヘン!
 外が、抹茶のコーティング。
 次が、抹茶味のクーヘン?
 次が、プレーン。
 次が、また、抹茶味のクーヘン。

バームクーヘンというより、おとな味のケーキという感じ。
オイシカッタニャー~(=^・・^)ノ>゜)##)彡

②京都土産の定番。生八つ橋!
 抹茶とニッキ(定番)の、皮だけバージョン。

いつものとおり、おいしかった。d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

読書2008-197(猫の形をした幸福 小手鞠 るい

また、懐かしいイサカが出てきた。

前にも、この人の本で出てきた。トラック運転手との恋。

作者は、イサカに住んでいるのかしら??っと、違うみたいね。σ(^_^;)アセアセ...

で、このお話は、バツ1男未知男と、子どもができない女彩乃が、見合い結婚して、猫マキシモを通して、生活を送り、最後に、猫が、死んだときは、意見の相違で タイヘンダァ!!という話。

猫が、子どもの代わりと言うと、そうでもない。ようなきがする。

あいだには、未知男の学生時代の恋人キャサリンとの、やりとりを聞いたり、前の奥さんとその娘の相談を受けたり、彩乃の昔の愛人への想いが書かれている。

まぁ、1回読めば十分だわね。

猫の形をした幸福 Book 猫の形をした幸福

著者:小手鞠 るい
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

読書2008-196(シューカツ! 石田 衣良

皆さま!ハーイ、シツモーン! (/*・・)oです。

①2社内定をもらえた、主人公の千晴は、どちらの会社を選ぶと思いますか?
 私は、テレビ局に1票です。

②千晴と良弘は、シュウカツ終了後に、付き合いだすでしょうか?
 私は、YESに1票。

③恵理子と圭は、卒業しても付き合っているでしょうか?
 私は、NOに1票。

と、こんな感じの読後感でした。=*^-^*=にこっ♪

ご意見、お待ちしておりま~す。(o*。_。)oペコッ

鷲田大学3年生マスコミ就職希望者7人の、シューカツ立ち上げの飲み会から始まる。

主人公水越千晴は、第1は出版社志望だったような。

主人公は、ファミレスで、3年間バイトしている。そこに、30才台のやる気なしフリーターがいる。彼が、客と問題を起こし、首になる。その帰り、彼と話すと、なんと同じ大学の卒業生で、狙っていたのも同業種だった。彼の就活時は、氷河期で、だめだった。励まされる。

主人公と、姫(佐々木恵理子)が、テレビ会社のインターンに行く。それも、同じ部署。

内定もらうのは、姫。

倉本比呂氏 後に、引きこもりになる。理論派。

佐々木恵理子 圭と付き合っている。

小柳真一郎  体育会系。無事に、第2志望に内定。

犬山伸子 結局、マスコミ、出版社はだめで、ほかの職種に決まる。

富塚圭  すべて、内定するが、全部けって、フリーのジャーナリストになるため、渡米?する。

菊田良弘 軟派なテニスサークル副部長 小太り丸顔。 履歴書書きの合宿の夜、主人公に告る。撃沈。チャンスは、シュウカツ終了後。

シューカツ! Book シューカツ!

著者:石田 衣良
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

読書2008-195(イニシエーション・ラブ 乾 くるみ

大学3年の主人公と彼の気にいった女の子。20歳。歯科衛生士。
合コンで知り合う。後半で、同じ会社の女が登場。最後は、こちらとうまくいく。

まぁ、良くある話のような。。

マユがモット怖くなるかと、妄想しながらドキドキして読んだが、そうでもなかった。catface

ASIDE 。。。

B-SIDEのたっくんは、成長する。

イニシエーション・ラブ (文春文庫) Book イニシエーション・ラブ (文春文庫)

著者:乾 くるみ
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

読書2008-194(きのうの世界 恩田 陸

見たものをすべて記憶出来る!
市川吾郎が刺されて死ぬ。
あなた。男。女。
高校生女の子和音。市川の親戚。市川が大おばを訪ねてきたとき市川に会っている。
高校生男。焚き火の炎が好き。
市川の会社の女の子。の姉が、調査に乗り出していて、市川の弟に会う。
次は、姉が殺されそうだ。

『あなた』の使い方で、読者が参加させられているような気になり、怖い。

市川の死因は本人の語りで判明。
女の子の死因は、シズの語りで判明。
3本の塔のなぞもシズにより。

事件については、いわれてみれば納得。
町全体が、浮いている!の発想からのお話。

ミステリー、ホラー少々、社会通念?、伝統、人間関係?、いろんな要素がちりばめられているような。。。

おもしろかった。
しかし、一気に読むには、字が多いいし、本が重い(寝ながら読めない&寝る前に読んだら、怖い夢をみた[岩陰]T-T)ダー)。

最後まで行けば、疑問は解消されて、怖さも落ち着く。
読み終わるまで、結構怖いのだ。

そばに誰かいる。。。

きのうの世界 Book きのうの世界

著者:恩田 陸
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

幸せな日

今週は、幸せな日がありました。。

なんと、2才(or3才)の赤ちゃんを抱っこしてしまった。
それも10分ぐらい。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

ギュッとハグすると、
こわれそうな感じで、
もろそうで、
大事にそーっと、
おそれながら
軽くハグしたのですが、

彼女にも、心地よかったようで、動く気配なし。

さすがに、同じ姿勢では、つらくなってきた私が、もぞもぞ動いたのでした。
(;´Д`A ```

なんで、このような幸運に恵まれたかというと、親子のお話会のボランティアに参加しているからです。
あいにくと、今回は、読むものを、セレクトできず、手ぶらで行って、後ろで見ていようと思っていました。
そこに、赤ちゃんと、おばあちゃまが入ってきたのです。
おひざが痛くて、フロアに、座れないおばあちゃまでした。
今までは、最後まで聞けたことがなかったのですが、今回は、私と一緒に最後まで、聞いてくれて、とても、嬉しかったです。
(*゜-゜)ニコッ(*゜ー゜)ニヤッ(*゜ー+゜)キラッ

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

ズンバ!にくびったけ!

ズンバ燃えそう!(ユーチューブも見ちゃったりして。家でもドスドス

燃焼率絶大みたいだから。

やれないステップも、笑ってごまかさないで、チャレンジしてみよう!(脳老化防止!)

足もつれて、ころびそう。。

しかし、ここは、笑ってチャレンジ月間としましょう

PS.ヨガの先生に腰痛と言ったら、骨盤あたりを触られて、大丈夫ですね!と言われた。でも、相変わらず、立ったり座ったりは痛いんだけどなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

読書2008-193(瑠璃でもなく、玻璃でもなく 唯川恵

矢野美月が、不倫相手=朔也を手に入れる。元妻英利子は、事業で生計をたてることに成功。

どうして、不倫相手に夫をとられる妻は、自活できる設定ばかりなのだろう。
そんなに、うまくいく人は、いないと思うが。。。

自活できない挙句、夫を取られたのでは、お話として成り立たないのかなぁ??

瑠璃でもなく、玻璃でもなく Book 瑠璃でもなく、玻璃でもなく

著者:唯川恵
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-192(三月の招待状 角田 光代

学生時代の仲間+その彼女+その彼らのいつまでたっても学生時代の気持ちが抜けきらない人たちのお話。

蒲生充留(がもうみつる) の 彼=北川重春(年下)

澤ノ井正道 裕美子と元夫婦。離婚パーティーを開催。。 現彼女=遥香 

坂下裕美子

段田麻美 普通の結婚をするが、子供はできない。離婚パーティで、夢見る乙女に変身。失踪。元の鞘。夫=メールでは、交流する。リアルは、無口。

宇田男   麻美と寝る。充留とも。

三月の招待状 Book 三月の招待状

著者:角田光代
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-191(みるなのくら おざわ としお

みるなのくら (日本傑作絵本シリーズ) Book みるなのくら (日本傑作絵本シリーズ)

著者:おざわ としお,赤羽 末吉
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

見るなと言われれば見たくなるのが人間。そして、そこには・・・

四季折々も書いてあり、ためにもなる。知らない子もいるかも?

小学校お話会で、4年生用に読もうとした。

(下痢嘔吐のため欠席したけど。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-190(おくりものはナンニモナイ パトリック・マクドネル

モノがあふれていて、欲しいものがほとんど手に入ってしまうこのご時世に育っている、モノがない状態を知らない子どもに、読んであげたら良いかも。

もちろん、この本をお話会で読むのはちょっと?!というご意見の人もいらっしゃったが。。

何しろ、自分が読んでみて、_(゜ロ゜_)ホット! したから。

おくりものはナンニモナイ Book おくりものはナンニモナイ

著者:パトリック マクドネル
販売元:あすなろ書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-189(なぜ泣くの 小手鞠 るい

これまた、全く覚えていない。。。

なぜ泣くの Book なぜ泣くの

著者:小手鞠 るい
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-188(わたしのためにできること  負けないで、輝いて 唯川恵

エッセーだった。この本は、非常にためになった。
肯定できるところが多々あり、進路指導?のお言葉も、素直に納得できてしまう。

林真理子のときは、文句タラタラになるのだが、唯川 恵は、気にいった。happy01

わたしのためにできること―負けないで、輝いて (PHP文庫) Book わたしのためにできること―負けないで、輝いて (PHP文庫)

著者:唯川 恵
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-187(愛なんか 唯川 恵

おもしろかったかな?!つまり、忘れてしまった。。。

愛なんか (幻冬舎文庫) Book 愛なんか (幻冬舎文庫)

著者:唯川 恵
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-186(おいしいコーヒーのいれ方 Second Season2  村山 由佳

甘く切ない純情可憐な、カレンと彼のお話。

恋空の交際のスピードに慣れている人には、じれったくてやってられないかもしれない。

しかし、恋に恋する人にはぜひこちらをお勧めする。

 明日の約束 おいしいコーヒーのいれ方Second Season2 明日の約束 おいしいコーヒーのいれ方Second Season2
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008‐185(非正規レジスタンス 石田 衣良

例によって、雑誌を読む感覚で、ずんずん読める本。

しかし、現代の社会事象を題材に挙げていて、新聞読まない子にもこれなら読めるのではないだろうか?というか、読んでもらいたい。そして、現状打破の道を自ら考えてほしい。

この本は、ご多分にもれず、ハッピーエンドで終わるから、ポジティブシンキングでよいと思う。新聞読んでいるだけだと、どうしても暗くなっちゃうものね。

非正規レジスタンス―池袋ウエストゲートパーク〈8〉 Book 非正規レジスタンス―池袋ウエストゲートパーク〈8〉

著者:石田 衣良
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-183,184(恋空

たくさん涙が出た。泣かせるのうますぎ。
高校生のお話から始まるが、お酒、タバコのシーンが満載。
架空だと書いてあったが、本当だったのだろう。。。

以前電車に乗っていた時の女子高生(多分。制服着ていたから)たちも、合コンで、お酒を飲んでどうとかこうとかと、話していた。

恋空〈上〉―切ナイ恋物語 Book 恋空〈上〉―切ナイ恋物語

著者:美嘉
販売元:スターツ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

恋空〈下〉―切ナイ恋物語 Book 恋空〈下〉―切ナイ恋物語

著者:美嘉
販売元:スターツ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-182(恋のかけら

恋のかけら Book 恋のかけら

著者:唯川 恵,朝倉 かすみ,井上 荒野,山崎 マキコ,小手鞠 るい,南 綾子,山崎 ナオコーラ,豊島 ミホ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(~ヘ~;)ウーン全く覚えていない。やっぱり読んだらすぐ書かないと駄目だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-181(くちづけ 小池 真理子

くちづけ (ふしぎ文学館) Book くちづけ (ふしぎ文学館)

著者:小池 真理子
販売元:出版芸術社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちょっと怖い話ちりばめられたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-180(恋人はいつも不在 唯川 恵

カップル1組の男と女が、それぞれ主人公。男と女の視点から、相手を観る。

恋人はいつも不在 (集英社文庫) Book 恋人はいつも不在 (集英社文庫)

著者:唯川 恵
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーフストロガノフ

昨日は、ビーフストロガノフとサラダ。

ビーフストロガノフの作り方をいつもと変えてみた。

材料
ビーフ+玉ねぎ+マシュルームの缶詰+にんにくチューブ+塩+こしょう+ガラスープ+小麦粉+オリーブオイル+生クリーム

作り方
①ビーフを細切りにして、小麦粉?(片栗粉だったかも。。)と塩とこしょうにまぶす。
②玉ねぎを、切る。
③①と②をオリーブオイルで炒める。
④③がひたひたになるぐらい水を入れる。(つゆだくが好きな人のため)
   +にんにくのチューブ(元気をつけるため)
   +がらスープのもと(コンソメのもとがなかったから)
   +マシュルームの缶詰
   +塩(味見して少々薄味のため)
⑤最後に生クリームを1パック入れひとにたちさせる。

感想
塩を入れ過ぎたみたいである。。。weep

サラダの肉の方が好評だった。。(ゆでただけなのに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

電車の中の男の子

K駅から、嵐と書いてあるスェットに、顔は見えないように深く帽子をかぶった小柄な男の子が乗ってきた。
私の斜め前に座った。
よく見ると、かわいいではないか!note
そういえば、K駅近くのコンビニに芸能人のかわいい子がよく来ると、コンビニでバイトしている子が言っていたっけ。
この子が、その子かな!up

私は、友達にメールを打った。相手はすぐ返してくる子なので、そのまま手に持っていた。
次の駅で、私は降りるのだ。
その一瞬で寝てしまい、携帯を落としてしまった。
ごろごろ行先はかわいい子の足元。
もちろん拾ってくれた。ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ

「すみません。ありがとう・・・」ございますは言わなかった。
その子は、無言で、顔をこちらに向けず、渡したら、即効、小泉容疑者のように踏ん反り返り、上から目線。。

あ~怖かった。。。
可愛くても、あれではねぇ~。coldsweats02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

中学生の会話

電車の中で、セーラー服を着た二人の子の会話。

A 「**って、機嫌がいい時だけ話しかけてきて(`×´)丿ウザイ!!

B 「これ食べろ!(命令形)

A 「いらない

B 「これ(さっきと違うお菓子)

A 「**って、ほんとに(`×´)丿ウザイ!!

って、**が機嫌が悪い時にAに、話しかけてきたら、Aはもっとウザいと思うのだけど。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

小菅の湯

日曜日に久しぶりに行ってきました。
出発が遅かったうえに、途中で気がついたのですが、もう、終りが、6時になっていました。
((o(;△;)o))
しかし、空いていたし、州´ー`州 マッタリできて良かった。
(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »