« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

読書2008-155(潤一 井上 荒野

潤一と関係があった女たちの話の短編集。

どの女も、短期間の潤一との交わりで、ホッとしたり、ふん切れ足り、どちらかというと、ポジティブに転じているから、彼は、救いの物体かも。。。

1回読めば十分。

潤一 Book 潤一

著者:井上 荒野
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-154(枕女優 新堂 冬樹

高校中退?で、小規模プロダクションに入り、女優を目指す。
顔の整形、役をとるための枕奉仕。

枕奉仕状態での約束は、破棄されることを何度か経験した後は、ビデオ?をとり証拠を突きつけて、役をつかむ。

その後は、とんとん拍子で、大女優の道。
最後は自滅。

何とも、後味の悪い話。

枕女優 Book 枕女優

著者:新堂冬樹
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

読書2008-153(夜の桃 石田 衣良

雅人が、3人にふられて良かった。
妻も若い子とあったし。
愛人1、2号にもさられる。
いいおもいした男が、そのままでいては、話が、終わらないものね~。

それにしても、この本は、何が言いたいのだろう?
強い女?
男の理想?

石田は、男の気持ちを書かせるとうまい?!かもしれないが、女性の気持ちには、落ち着いて読めないところがある。つまり、へた!

夜の桃 Book 夜の桃

著者:石田 衣良
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-152(ヴァン・ショーをあなたに 近藤 史恵

若かりしころのシェフが、登場。

タルトタタンでも出てきたヴァン・ショーの由来が書かれている。

シェフの気に入った人は、同業者で、味を盗みに来ていて、挙句に、彼女のオーナーと天秤にかけられるとは!報われないシェフで、少々かわいそうな気が・・・

どの話も少々の推理と、すっぱと金太郎飴を斬って顔を出させるように、問題を指摘するシェフに脱帽。

 ヴァン・ショーをあなたに ヴァン・ショーをあなたに
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-151(グラニテ 永井 するみ

グラニテ Book グラニテ

著者:永井 するみ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

母と娘が、同じ人を好きになる。

最後、彼は、ニューヨークに行ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008‐150(東京島

東京島 Book 東京島

著者:桐野 夏生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

思い込んでいた面白さには、及ばなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008‐149(空の中 有川 浩

面白かった。SFもの。

空の中 Book 空の中

著者:有川 浩
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-148(現代の小説2008 短編ベストセレクション

面白いのもあったが、SFものは、いまいちだった。

短篇ベストコレクション現代の小説2008 (徳間文庫 に 15-8) Book 短篇ベストコレクション現代の小説2008 (徳間文庫 に 15-8)

著者:日本文藝家協会 編
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008‐146,147(ハリー・ポッターと死の秘宝 上下 J.K.ローリング

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻) Book 「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

著者:J. K. ローリング
販売元:静山社
発売日:2008/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一気に読んだ。

ポッターも、普通のパパ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008‐145(いもむしごーろごろ こばやし えみこ/文

読み聞かせで、読もうかと思ったけれど、今回は違うのにした。

この本も、かわいいんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

腰痛(病院1回目、痛み出して4日目

9月22日ドライブに行った時に、痛くなった。

9月23日は、祝日で病院が休み。

9月24日(水)は、友達とスリランカ展を見に行った。

9月25日(木)どんどん痛くなる。顔をある姿勢がとれなくなった。痛いところを、かばうため、足の付け根も痛くなってきた。しかし、今日は、病院が休み。

9月26日(金)ようやく病院に行った。

椎間板がすり減って、骨に当たるため痛いらしい。

レントゲン4枚。リハビリ。飲み薬にシップをもらう。

椎間板は、復旧しないらしいが、痛さは、緩和されるとのこと。痛い時は、安静。

リハビリ内容。
Hot Poc 温かいぐにゃぐにゃしたものが入ったものをタオルで包んだものを、腰に引いて、寝ること13分。
かんしょうは 4つの丸い、吸盤みたいのを腰にくっつける。吸盤から、電気が出て、マッサージきの動きのようなのを小刻みにする。7分。電気量?は、1.8。

骨密度測定。正常。同年齢の118%。成人若年層の112%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

夕飯9月11日

夕飯9月11日
夕飯9月11日
全部揃ったときには、メインは、冷めてしまっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

読書2008‐144(時が滲む朝  楊 逸

時が滲む朝 Book 時が滲む朝

著者:楊 逸
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

中国の情勢がよくわからないものとしては、あんまりおもしろくなかった。

しかし、旦那は、面白いと言っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008‐143(美か、さもなくば死を 林 真理子

美か、さもなくば死を Book 美か、さもなくば死を

著者:林 真理子
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

林真理子の元気さ、図太さを、見習わなくてはいけない。

しかし、ぶすだよね~。

それでも、この心意気!あっぱれじゃ。

まぁ、彼女の財政力によるところも大きいけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008‐142(RURIKO 林 真理子

浅丘ルリ子の実話だと思って読み進んでしまったが、最後に、「フィクションです」と書いてあった。(そういえば、帯にも小説と・・・)

しかし、虚構には、思えない迫力。

勘違いするわよね~。

なんだか、ガッカリ。

この本の性格が、浅丘ルリ子だと思いたい。

RURIKO RURIKO

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-141(Sweet Blue Age

Sweet Blue Age Book Sweet Blue Age

著者:有川 浩,角田 光代,坂木 司,桜庭 一樹,日向 蓬,森見 登美彦,三羽 省吾
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

有川 浩      『あの八月の』 夜の大学に忍び込んで、10年前に撮ったビデオを、見つつ二人の女が、話す話。このビデオは、結婚式には、つかえないよね!と。使えないは、確かに。

角田 光代 『クジラの彼』 彼氏は、潜水艦乗り。一度航海に出たら、いつ帰ってくるかも教えてもらえない状態の究極の遠距離恋愛は、うまくいったところで終わる。

日向蓬 『涙の匂い』 あわいあわい初恋の日々の話だったような。。

三羽省吾 『ニート・ニート・ニート』 出口のみえない日々のはてに3人の逃避行。

坂木司 『ホテルジューシー』 大学生になった主人公が、もてあます自由を、埋めるため、沖縄のホテルにバイトしに行った時の話。

桜庭 一樹 『辻斬りのように』 5月のある朝、彼女の中で蠢きだした気持ちのままに、立て続けに7人と関係をもち、誰の子かわからない子を身ごもる。この先は、『七竈~」に載っていた。

森見 登美彦 『夜は短し歩けよ乙女』 底無しの酒量の、かわいい昔風な女子大生の行動を彼女を好きな主人公が、書いている。単行本も読んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

読書2008‐140(まっくろヒヨコ ラスカル

M   結(起承転結の)がない。

E   ひよ子は、こんなもんじゃないの。(おいおい、それは。。。)

    Eのこの感想に、パパいわく、「おまえのことじゃ。。。(これもな~)

T   笑。みにくいアヒルの子+あかずきんちゃん

    私「赤ずきんちゃんは最後うまくいくよ。」と言ってみたが。原書はどうかな?

とにかく、読む前から、怖い話と聞いていた。みんなの前で読んでいたら、「読まない方がいいんじゃない」と言われ、それでも怖いもの見たさで読んでいたら、「後で読んだ方がいいよ。みろだと泣くかもしれない。」とまで言っていただいたので、家に持ち帰って読んだしだいである。

読むんじゃなかった。。。

この本は、最後に食べられた場面までは出ていない。しかし、この思わせぶり。

狼が言う言葉は、まるで、ボルデモート。

想像は、食べられる方に傾く。

ヒヨコが、尋ねる相手に、みんな名前が付いているのが、作者のこだわりかな?

というこの本の置いてある場所は、児童書の本棚。。。coldsweats02

私は、子供ではないから、この本を読んでどう感じるものなのかわからないが・・・

まっくろヒヨコ (世界の絵本) Book まっくろヒヨコ (世界の絵本)

著者:ピーター エリオット,ラスカル,Rascal
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

生検の結果(8/23(土

がんではなかった。

しかし、しこりの、がんでない部分を採取しているかもしれない。

って、しこり全部が、いろいろな要素を持っているらしい言い方だった。

しこり自体が、小さいので、自分(今日はH先生)だったら、生検まで、しないで、様子を見る。

ということで、3ヶ月後に採血、超音波検査となった。

とりあえず、安心したが、相変わらず、一抹の不安はぬぐい去れない。

不安な妻に、よろしかったら、

↓クリックで、応援を、お願いいたしますペコリ(o_ _)o))

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

湯けむりの里 岩盤浴

久しぶりに行ってきました。

岩盤浴の下の石が、以前は、尖っていて、寝ると痛かったような気がするが、今回は、痛くなかった。

これって、月日がたち、大勢が利用したことにより、石が、摩耗したためであろうか?

そのうえ、真中は、石がなく、丸い黒い石?が、露出していた。もちろんこれも以前は、見えなかったのに。

以前は、小石全体がとがっていたいという印象だったが、今回は、この真ん中の黒い丸い石みたいのが、背中にあたって痛かった。

どっちにしろ、きれいになる? & 痩せるのは大変である。

しかし、アロマの癒される匂いの中、痛さにも負けず、睡魔がおり、大量の汗を疲れないで、放出できるのは、楽である。

残念ながら、あれだけ汗をかいたにもかかわらず、体重は、500gしか、減らなかったがcoldsweats01

ちなみに、今回はMと行ったので、風呂spaの前の、beerはなしでした。think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

小管の湯(9月6日

久しぶりに行ったら、コスモスが咲いていた。

写メしようかと思ったが、アップをすべき画像がたまっているので、これ以上アップアップしたくないので、やめておいた。。。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

ボランティアの値段?

同じ市の小学校2校から、依頼が来た。

条件は、たぶんほぼ同じ。

4日間出動して、全学級に読み聞かせ。

2校の内容は、同じでもOK。

しかし、謝礼金が、1対2である。

これってどうよ??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

読書2008-139(ジーン・ワルツ

ジーン・ワルツ  /海堂尊/著 [本] ジーン・ワルツ /海堂尊/著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

女医が、自分の母親に代理出産させる。

母には、3個の種を仕込む。出産する前に、離婚する。

生まれたのは、双子の忍(女)と、薫(男)。

パパは、アメリカにいるゲーム理論の権威。

忍は、自分の元におく。薫は、母が、娘のわがままで離婚させられたパパが、可哀そうだと言って、引き取りパパの代わりに育てる。

この薫こと、曾根崎薫が、医学のたまご の主人公だ!

っと、この本は、5人の妊婦の、出産にまつわる話。

なんと、最近無実になった産婦人科医の事件を、元に書いたような気がする。

(なにも調べてないけど。つまり、本が先か事件が先か?)

代理出産、不妊治療、生まれる前にわかった障害をもった赤ちゃんの行方・・

現代の事件をリアルタイムに反映している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書2008-138(JOY!

ジョイ!  /岳本野ばら/著 角田光代/著 唯野未歩子/著 井上荒野/著 江国香織/著 [本] ジョイ! /岳本野ばら/著 角田光代/著 唯野未歩子/著 井上荒野/著 江国香織/著 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

最初の話の、主人公の親の対応が面白くて、Eに読ませた。

高校受験するにあたり、学費等の取扱いについて。

ほかの話は、ジョイ周りの、女たちの話。

1回読めばよいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »