« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

フロンターレ勝った!

ようやく、久しぶりにフロンターレが、勝った!

もう~、大変だった。

まず、今日は、初めて、試合が始まる前に、会場に入れた。(^O^)

気合はいって行ったのだ!

始球式も始めてみた。スキマのアフロ頭の人が蹴った。

ゴールに入らず・・・

もう一回蹴って、成功!

試合始まり、すぐに1って(・-・)・・・ん!の最高気分だった。(正確には9分後でした)

のもつかの間、相手もすぐ入れ返して来た。

その後の長かったこと。

何回もシュートすれども入らず!大きな溜め息。

しかし、ファンはすごい!すぐに気持ちを切り替え、また応援!

フロンはシュートを相手の倍以上うっていたように感じたのに、とにかく焦りとあきらめ半分の気持ちになる私だが、今日のファンの人の応援先導者は、そんな私をも、引っ張っていってくれた。おかげさまで、最後のジュニチャンのシュートまで、手のひら真っ赤、のどはいたい状態になるまで、興奮しまくりの試合でした。

お疲れ様でした。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

読書記録36(恋は、あなたのすべてじゃない)

石田衣良のエッセイ本を読んだ。

なるほどと、感心させられるとこあり?

いや、割とすべて実行してきたなぁ・・・

友達でも、これを実行せず、いまだ白馬の王子様が来るのをお待ちの方もいる。(゜O゜;

題名に文句言っちゃおうかな┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ

恋は、あなたのすべてだっていいじゃないねぇ。

そのためだけに人生かけていても。

しかし、それを自分以外に見せなければ良いのである。

どうやら、そのような所を見てしまうと、男の人は、引いてしまうらしいから・・

人生賭けて、より良いたまをゲットしたら、それを保持持続するために、人生かけておけばよいのである。って、この状態は、もう、恋とは言わないのかなぁ?

恋は、あなたのすべてじゃない Book 恋は、あなたのすべてじゃない

著者:石田 衣良
販売元:青春出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

更年期障害?

まだ、のどの異物感は拭い去らない。

ミニドッグの血液検査でも、炎症反応の数値はゼロ。

後は、肺のレントゲンを撮りに行くはずが、今日は病院は休みと来た。

あさは、頭痛がして起きたくない。

みなを送り出し、天気も良いしまず(ノ・_・)ノ凹 ┣凹━凹━凹┫オセンタク♪

と思いきや睡魔に襲われ、又寝ることしばし。

気分よく起きたいところが、最後は、パートの夢を見てあぶらあせをかきかき、起きてしまう。UTェTU クゥーン

新たな意見として、甲状腺の病気では・・・

それも、更年期障害でおきるらしい・・・

やっぱり喉頭がんではなく、更年期障害に落ち着くのだろうか?

まだ、悩みは続く・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

大学受験

先日、高校3年の保護者会に行った。

親の一言報告から、

①「相変わらず、携帯をいじっている時間が多い」という意見あり。

先生いわく「携帯をとるか、大学をとるかと言いましょうか?」「もちろん、浪人になったあかつきには、携帯は捨てろ。簡単に言うのですが・・・」

浪人になる前に、早く言ってほしい。

②保護者「子どもが、受験モード薄なので、親子ともども泣きながら言い合った」

 先生「言いたいことは、夏休みに入る前に十分言い、ぶつかり合いましょう。そして、夏休みが、勝負です」

うちは、夏休みの最後が、今年の最後の試合であり、それまで、本人部活をやると言っている。勝負の夏休みは、部活で明け暮れるのである・・・[壁]ノ_・。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月25日 (月)

けんちゃんも大変・・

フロンターレがとうとう負けてしまった。

引き分けではすまなかった・・・・(;_q))クスン

こうなると本業で、まぁ頭がいっぱいになるであろう事は予想される。

しかし、せっかく始まったけんちゃんのブログが滞ってしまうのは惜しい気がする。

24時間すべてサッカーの頭でいるのも大変だろうから、気分転換の意味でも、サッカー意外のことでも良いから、けんちゃんが元気でいることをアピールしてほしいものだ。

まぁ、書けば書いたで、何で今頃そんなことを書いて遊んでいるのだとか、お叱りを受けてしまうことも予想されるが、あえて、チャレンジしてもらいたい。

でないと、せっかくお気に入りのけんちゃんがいるからフロンターレも応援しているのに、暗く引きこもってしまわれては、ファンとしては残念である。

しかし、どのチームにも、(再下位をはいつくばっているチームにも)熱烈なファンがいることがすごいと思う。

私なんて、たまたま、フロンターレが強くなってきて、よく見るようになり、その中に好みのプレーヤーがいたから、応援しだしたのが、始まりなのに。

けんちゃんがいなければ、とっくに違うチームに乗り換えているところだ。

アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

おおた(おすし屋さん)

小田急線狛江駅徒歩すぐのところにあるおすし屋さんです。

板さんが、経堂美登利寿司でやっていた人?とか言ううわさあり・・・

ランチ特選にぎり1680円だった。

おおとろ2個、すじも無く、とろけるようなやわらかさに、あまさで、おいしい。

うに、これは、普通は食べないのだが、ここのは、くさくなく、うにの味がして食べられる。

昔、築地にお勤めのだんなを持つ奥さんが、持ち寄りパーティのときもって来てくれたものは、チョーおいしかった。やっぱり新鮮さが物言うのかなぁ・・

ちなみに、スーパーのも、うにがべちゃべちゃで、くさくて(防腐剤のせい??)食べたくない。

まきもの(ねぎとろ)、これを私は、おしょうゆをつけて食べてしまい、とてもしょっぱかった。他の人に出すとき、板さんが、「たれ(?おしょうゆ?)はついています」と言っていました。(私にも言ってほしかった(^-^;

ぼたんえびのおかしらつきが、これまた、あまくておいしい。

ほたて、たい?、たまご、いくら、どれも、それぞれの味が出ていて幸せを満喫できるお味です。

もう一個か2個あったような・・・・?

海草入りお味噌汁。

とにかくこのお値段で、どれを食べてもおいしいねたで、お薦めである。

ちなみに、残念ながら、その後仕事のだんなと、そのあと保護者会の私で行ったので、ビールは飲めませんでした・・・(;_q))クスン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

けんちゃん

けんちゃんが、AFCアジアカップ2007日本代表予備登録メンバーに選ばれた。

(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!

ところで、日本代表サッカー倶楽部

http://kick.or.tv/nippon/member.php?id=070618&cate=a

を見ると、けんちゃんと川島の所属クラブだけが、薄い灰色で書かれている。

どうしてだろう・・・

話は違うが、

この間の、レイソル戦に行って、けんちゃんの本を買いたかった・・・

が、行けなくて、泣いていたところ

けんちゃんのホームページ

http://sports.nifty.com/kengo/link/index.htm

のLINKをみて、西山選手のブログのところにいってみたら、

http://ameblo.jp/nishi2431/

けんちゃんの写真を発見し、これまた、けんちゃんのホームページ中の写真と違い、現実感があり、素を垣間見たカンジで楽しめて、

(^_^)になった私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

北澤倶楽部

北澤倶楽部のランチのにぎりを頼んだのだが、目の前で準備されていたお皿には、私の分は無かったのだ。どうやらオーダーが通っていなかったようだ。でも、私の頭上で、確認の会話がなされていたのだけれどなぁ・・・チャント、ランチにぎり用の付け出し?もすぐ出てきて、私の前に置かれたし・・・・

私は、その目の前のお皿が、握り終わって、私の口に入ると思い、夢心地で板さんの握るのを見ていたのに・・・

その最中、隣に若いOLのお姉さんたちが座り、美味しいらしい会話をし、500円のバラ丼を注文。

板さんいわく、「バラ丼はこれで終わりだ」

そんなに美味しいのか??私も食べたい!

そこで、私の握りができていなく、後からのバラ丼がお隣に先におかれたこともあり、私のがこれからなら(つまり抜かされたのだ)バラ丼に替えてください。と頼んでみた。

「もう、バラ丼は終わりました」の返事。そうでした・・・(・Θ・;)アセアセ

聞いていました。板さんの呟きを・・

しかし、もう、握りを食べる気が失せた私は、ねぎとろどんに挑戦。これも500円。

しっかり、すばやく、握りランチの付け出しはもっていかれましたが、

500円丼は、お得だし、美味しかったです。

ファーストフードでランチセット買うより、コーヒーショップで、パンとコーヒー飲むより、

値段は一緒ぐらいなのに、満腹感とさっぱりおいしい感が味わえます。

次は、バラ丼に挑戦しようと思うおばさんより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

更年期障害?

もう、1ヶ月ぐらい、のどが変だ。つばを飲むにも、息しているだけでも、何か飲み込むような、異物感がのどにある。

この状態を、調べると、喉頭がんが当てはまってしまう。

唯一友達に、この状態を言ったところ、知り合いに、同じ症状で、やはり、喉頭がんだと思っていろいろ病院で調べたところ、どこにも異常が無く、更年期障害だったという人がいるそうだ。

私も、それだと良いが・・・・

とりあえず、先週、病院に行って、この状態をいい、ミニドックを受けたので、明日、結果を聞きに行く。

ああ正妻を、読み終わった。

しこめの話の本とは、一時はやった、負け犬の遠吠えのことだろうか?

女編集者?のこの本の解釈が奇想天外で、感心した。

最後の主人公の、反撃が面白い。散々勢い込んでいて、いったい何をするかと思いきや、ネットカフェで、2チャンネルに、妻の悪口書いて、終わるというかわいいものだった。

私の発想と似ている。私も散々会社でいやなことがあり、2チャンネルに投稿してやるといきまいていた状態がある。しかし、冷静なだんなにより、ストップがかかる。

この本でも、やっているではないか・・・

どうせ、いっぱんぴーぷるは、スルーするだけだし・・

と思い、まただんなにホラッと言ってはみたが、また抑制されてしまった・・・・

超まじめなだんなを持つ主婦より

負け犬の遠吠え Book 負け犬の遠吠え

著者:酒井 順子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ああ正妻 Book ああ正妻

著者:姫野 カオルコ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

運動会

高校生の運動会に行ってきた。今年2回行った。

A高校 。ひどい。前回と変わらず、開会式からだらだら、台に人が立って話し出しても、がやがやはおさまらず。騎馬戦の、これが騎馬戦?という迫力の無さ・・・

個人戦は、それなりに各人頑張っていたのは、見ていて気持ちが良い。

B高校。こちらも同上なり。ちなみに、入学時の偏差値は、格段に↑。にもかかわらず・・・・

しかし、騎馬戦は、面白かった。(*^-^)ニコまぁ、先生は、ひやひやだったかも・・・

ところで、今の小学生はよくわからないけれど・・・

とりあえず、昔は、先生に静かに人の話は聞けといわれれば従ったではないか。

その程度の常識?も高校にもなっても、ぎゃーぎゃー言われないとできないのか。

情けないことである。

そして、見ている親たちもひどい。自分たちで話しどおしである。

校長が台に立っても・・・

そして、午後は何時から始まります。というようなアナウンスのときも、しゃべり通し。

挙句の果てに、今何といってたと、ますますがやがや。これでは、まじめに聞いている周りの人の大迷惑となる。

この親に、この子あり・・か。

 総論==>偏差値上の良し悪しにかかわらず、常識的なところが小学生以下・・・

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

読書記録35(ああ正妻)

未だあと、25パーセント位、読み終わっていない。

でも、共感するところ、怒りがこみ上げるところと、自分の怒哀の起伏を感じることができ、おもしろい。

まず、怒。

前半は、雪穂の行動に頭にきてしょうがない・・

なぜ私は、頭にくるのか?

小早川の対応にだった。しかし、よく考えると、私も同じ行動を、仕事でとっている。

雪穂のように、ぐちゃぐちゃ否理論的な事を言う姉ちゃん等のお言葉を聞くのがいやで、とにかく謝っちゃう。

つまり私は、私の行動に、頭にきているのである。

だからといって、理論的に説明しても、受け入れない、聞く耳もた無い、雪穂と同じような、姉ちゃん(?でも無い歳だよなぁ)と馬鹿上司がいる。

そして、如何にかしたいと感じてはいるが、

どうにもできない私は、ループ状態に入る。

やっぱり早く鈍感力も読まなくちゃ!

ああ正妻 ああ正妻

著者:姫野 カオルコ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

PS.ケンゴ本発売!ホシィッ☆O(> <)o☆o(> <)O☆ホシィッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

十二社通りのラーメン屋さん

このお店は、昼時は、サラリーマン等の列ができる。

どんなにおいしいのかなぁ?と、思い、行くチャンスを狙っていた。

やってきました、チャンスは!

お昼のちょうだの列も消え、普段だと、ラーメンを一人で食べようとは思わないのだけど。(その昔、子供がラーメンに凝っていて、子供が友達とはあまり行かない年齢のときは、よく付き合った)

この日は、仕事で、超むかついて、メンタル、フィジカルともに最悪のコンディション!

これは、やばい!家まで帰り着く気力はなさそうだ。と、何が食べたいか考える元気な頭もまるでなし。

そこで、のぞいたラーメン屋さんでした。

外まで列は、無かったのだけど、席はとりあえず空きは無かった。

自動販売機の前で、これはどうやって買うのか?何を食べようか?メニューは何があるのか?お金を出さなくちゃ・・・

と悩んでいると、次から次に人が来る。そのたびにもたもたしている私は、自販機から離れる始末。( ´△`)アァ-

ようやく、券を買ったときは、もちろん座席はなし・・・(;´ρ`) グッタリ

そして、もりそば?モリラーメンを食べた。理由は簡単、麺の量が、50グラム、ラーメン(あったかいの)より多かったから。もうやけくそ状態でチケットを買った。しかし、冷静に考えると、値段も普通のラーメンより高かった・・・(゜O゜;

めんは、ラーメンぽくない・・・うどんの細いのみたい。味もなんと言うことは無い普通の味でした。

もう二度と食べることは無いでしょう・・・

PS.けんちゃんのブログにサッカー以外の話題あり。楽しい∬´ー`∬ウフ♪

ヒログの宣伝あり。モバイルフロンターレって、お金かかるのかしら???

けんちゃんみたいに、ニフティのブログでやってほしかった~ーー>ニフティ様お願いしますだ。

携帯で、字をたくさん見るのは嫌いなのだ。老人には、あの小さな画面で見ろなんて酷だ。

連日相変わらず、中村憲剛 妻で検索する人がいる。おもしろいねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

読書記録34(Gボーイズ冬戦争)

タカシかっこいい!

今回は、人間味があるところ?かっこよいクールな男が、まことと握手なんかしちゃって、それをまたGボーイズには言うなとかいって、ももも~、ますますかわいくて好きになっちゃう!

今回、あのクールなタカシが、まことの行動にびっくりしたのも面白い。

まことが、影との取引で、ヒロトを頼んだところだ。

まことと、タカシが今回の件で、二人の思いを言葉にして握手してまで確認しちゃったところが、花丸でした。

ヴィーナスに恋をした男の子の話も、おもしろい。

こんなふうに、素直な子もいまどきいたらいいよねぇ。

そんでもって、まことの話の解決方法?落とし前のつけ方が良かった。

嘘ついて一人儲けていた社長を、誤魔化されていた社員たちに任せたところです。

少年防火犯と連続放火少年の話は、第二の主人公の少年防火犯が、良い方向に向かって話が終わるので、気持ちよかった。

少年防火犯と、おばあちゃんのやり取りで、泣きが入ってしまった私。

Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7 Book Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7

著者:石田 衣良
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ps.名古屋戦での、けんちゃんがゴールしたとき(入らなかったけど・・・)の厳しい顔も、

素敵だった。どなたか、ゴールにつめてきてほしかったような気もします。そしたら、

パスもでき、点も入ったかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

読書記録33(??)

さっき保存したものを、消してしまった・・・(キ▼д▼;)トホホ・・

要するに、銀色の表紙のハードカバーの本を読んだのですが、題名も内容も、まったく覚えていないので、どなたか教えてくださいという内容でした。

あと、

けんちゃんのことも書いたような気がしますが・・・

情けないことにすぐに何でも忘れる私・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

読書記録32(アルゼンチンババア)

失礼な題名である。

ババアとは、なんだ・・・(▼▼)

しかし、また読んでしまった!よしもとばなな!

面白かった。左ページに英語訳が載っていたり、風のようなイラストつきだったりして、結構楽しめた。(BUT English は、もちろん読み飛ばし・・・)

主人公もできたお嬢さんだが、その父と、アルゼンチンババアの関係がほのぼの、しっぽり、ほこりっぽくってうらやましい。

アルゼンチンババアのきゃらが素敵だ。

ぜんぜんババアなんかじゃない。若くたって、廃人のようなしょうも無い人がいるこの世の中で、ババアの代表になっていただきたいような人である。

精神的にぶっ飛んでいて、だけど、その状態は、地面に根ざし、大地と融合しているようで、肉体的には、あんなことこんなことしてしまっていて、結果、お子様まで誕生してしまうという、超人的人物である。

アルゼンチンババア Book アルゼンチンババア

著者:よしもと ばなな,奈良 美智
販売元:ロッキングオン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

読書記録31(大きな熊が来る前に、おやすみ。)

大きな熊が来る前に、おやすみ。 大きな熊が来る前に、おやすみ。

著者:島本 理生
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

題名から想像するお話とは、まるで違った。

結構怖い話が、3点入っていた。

そして、今流行の(?)その後どうなるの?というカンジのなんともはっきりしないものばかりだった。

どうも、この手の話は、後味が悪くて消化不良を起こしそうだ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

発見!けんちゃんシリーズ。

私のココログを、見に来てくれる人は、毎日片手以下である。

となると、データが少ないので一つ一つを愛でるように見ることになるため、いろいろ発見することができる。

今回は、検索ワードについての発見を一つ。

なんと中村 憲剛  妻

で、検索して良いかげん日記に来てくれる人が、数人いたのだ。

面白いよね。やっぱり気になる人の妻は知りたくなるものなのだろう。

そんでもって、私は、けんちゃんの妻に対する思い(大げさか?プロフィールのコメントだけでわかるはず無いが・・・)を、ひっくるめて、けんちゃんのファンなのだ。

ヾ(@~▽~@)ノ

中村憲剛公式サイトが始まりました

http://sports.nifty.com/kengo/index.htm

昨日のキリンカップにもけんちゃんが出ていてほっとした。

前回のとき、けんちゃんがゴールを狙ってしまった事を、オシム監督が、

怒っていたから、もう出してもらえないのでは・・・と心配していたのです。

中村俊にも負けないくらい動いていたし、彼とよく話していたし(つまり連携をよくする方法、ポジション等を相談していたとかってに考えている私)、

高原にもボールをあげたし(ゴールは失敗だったけど・・)

けんちゃんは、どう見ても悪がきが大人になって、普通のサラリーマンになっているような人に見えるのに、オシムジャパンの中で、しっかり活躍してくれる。(ジーコだと招集もされなかっただろう・・・)

見ていて、凡人以下のそのまた凡人の私としては、暗黒の生活の中に一筋の輝かしい線が見えるようで、とても嬉しいのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

また新しいの!

挑戦してみた。普通の人?は、挑戦と言わなくとも気楽に覗けるのだろうが、こと私にとっては、大変な作業なのだ。しかし、日々新しいことに首を突っ込んでみたほうが、脳内活性化になると思い、行っている作業なのだ。

で、なにをしたかというとNIFTYのBUSINESSというのに登録してみたのだ。

なかなか面白いかも?顔写真とかもあって・・・

でも、やっぱり難しかったのである。(;´д`)トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

けんちゃんのブログ

やった~!

ようやく、私の大好きな、どこにでもいるようなサッカー少年?こと、

中村憲剛のホームページが、始まった。

「中村憲剛公式サイト」 http://sports.nifty.com/kengo/

フロンターレが、去年優勝争いをするほど頑張っていたので、見ていたら、

いるではないか?(強いチームしか好きではない・・・でも一番ではなくても良い)

ちょっと猫背のような、いかにも、どこにでもいるような悪がき風の少年?が!

プレイは、頭脳的で意表をつく球出し、MFで、かつ自分でもシュートを狙っていく・・・

フロンターレのホームページhttp://www.frontale.co.jp/で、さっそくパーソナルデータのチェック。

なんとさそり座で私と同じ。

そして、私の大好きなO型。

好きな女性のタイプは妻!休日の過ごし方は、妻と過ごす!

なんとかわいいお言葉。けんちゃんの人柄が垣間見える。

ますます気に入っちゃのだ!\(o⌒∇⌒o)/

そして、試合後、その他のインタビューでの答えを聞いていても、この人は頭がよさそうという言動が目立つ。もっとけんちゃんの思っていること、感じることを、知りたいと思っていたら、ようやく始まった中村憲剛のブログ!

個人的には、仕事上、プライベートとたいへんな事件が、目白押しのところに、

嬉しい出来事である。U\(●~▽~●)Уイェーイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »