« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

初めてで最後のハローウィン

昔、アメリカに行ったとき、やってきました。ハローウィン!

プラスチックでできたパンプキンの形の入れ物を買い、子供たちは、住んでいた集合住宅を回っていました。英語もままならない小学1年、幼稚園生、そして、日本語もままならない1歳半の赤ちゃんが!雪も降っていて、寒がりの私は絶対やりたくないことを・・

子供は、飴、チョコで、パンプキンをいっぱいにして帰宅。

なんと、それらのお菓子は、大量で、日本に持ち帰ったのでした。

うちにも、たくさん子供が来て、私も発音できないトゥリックオアトゥリーを言って飴をあげました。面白かった。(^O^)

英会話は、文法発音ではなく顔と気持ちで無理矢理通じさせていたおばさんより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

ラーメンを食べてきました。

八重洲口地下街を探索。

12時前ごろで、サラリーマン、IDを首から提げたOLが、たくさん歩いていました。

なんと、そこの一角に、横浜の中華街のようなものがあるではありませんか!

そこに入り込んだとたん、女の子にチラシをもらいました。どこのお店か、確認せずぶらつくことしばし・・

多くのお店が、外に行列をつくっているのです。

そして、一周した後、わりと女の人が並んでいるところに入ることに決定。

メニューを見ていたら、それはさきほどもらったチラシのお店でした。

ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ

餃子半額券でした。

注文をお店の外でし、お金を払ってしばらく待って、いざ出陣?入店!

お店の中は、狭いが、もちろん満席。過半数はOL。

テーブルは、きれい?に拭いてあるが、触るとべたつきあり・・

餃子と野菜ラーメン、ワンタンメンを注文。

~~~餃子ーーーーーー>あつあつ、肉汁じゅー、具みっちり、少々味薄い。

~~~野菜ラーメンーー>麺は細い、野菜たっぷり、少々こってり味。

~~~ワンタンメンーー>麺は細い、ワンタンの具みっちり、塩味。

こってり好きの人、ラーメンを食べるのが早い人にお奨めのお店でした。

(ゆっくりの人が食べると、終わるころには伸びている)

ちなみに私は、たっぷりお酢を入れて食べました。

中国ラーメン 揚州商人 八重洲店に行ってきたのでした。

久しぶりに外でラーメンを食べたおばさんより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

読書の秋 その10 

介護問題は、私にもひたひたと押し寄せていることだろう。

未だ自覚は無いが・・。(?_?)

とにかく、両親、義父(ちなみに、義母はお亡くなり)には、元気でいてもらいたいものだ。

この本は、私の希望的終わりかただったので、読後感は良かったほうである。

自分の家族は、安泰、もちろん不倫相手も同様と思われる。

そのうえ、不倫は続行!

うらやましい・・

と、こんな感想を、子供に読まれた日には、白い目で見られることは、明白である。

子供の知り合いの親が、どうやら不倫相手に走り、離婚!という話のとき、うちの子達は、自分がそのような立場におかれたら、父母どちらにもついていかないというお言葉があった。

まぁ、潔癖に育ったこと!である。

秋の森の奇跡

著者:林 真理秋の森の奇跡Book
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そういえば、不倫のココログはコメントも盛り上がっているようである。

どうして、あんなに不倫している人がいるのであろうか?

凡人の私には、手の届かない、雲の上の話が、繰り広げられていた。

私のココログを会社で見る夫を持つ妻より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

食べ放題 お寿司

新宿高島屋の上にある玉寿司の食べ放題に行った。回転はしていない。

まぁ、値段とものと調和していた。

かっぱ寿司?よりねたがきちんとしていた。

しかし、築地寿司清よりはぐっと落ちる。

でも、子供と行き、大量に食べるには手ごろだ。(何しろ高い店に入るときは、その前にコンビニでおにぎりを食べさせたりするのだ。うちは。)

ちなみに、新宿の北澤倶楽部の回転寿司にも行ったが、こちらは回転しているものに、一皿1000円以上のものがあり(それも食べたいものばかり・・)、手軽にお皿を取れない。

うちの子は、親の懐思いなため、びびってしまい、かわいそうに水ばかり飲んで、お腹いっぱいにしていた。

その上、頑張ってお皿を取ってみても、ずっと回っていたせいか、乾燥気味で、いまいちだった。

しかし、北澤倶楽部(同じ新宿だけど、上記とは違う場所)も、ランチで行ったらまぁまぁだった。

玉寿司は、ちなみに、多分、男性は、17個、女性は15個食べれば、元が取れると書いてあった。

うちは、延べ1人平均32個食べたので、完璧に元は取って帰宅できました。

メタボリックが気になる夫を持つ主婦より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

読書の秋 その9

林真理子の『秋の森の奇跡』を読み出した。

主人公が自分をおばさんと言ったことに対して、友人の言葉がひっかかった。

彼女は、「自分のことをおばさんなんて言う女は信用しない。若いと言われるのを期待しながら自分をおばさんというのはいやらしい」と言っていた。この本では、もちろん、この女性は、こういう考え方をする人と意味なのだろう。

まぁ、私なりに別の考え方をしてみよう。

果たしてそれだけだろうか?そんな単純なものではないと思う。言葉の使い方は。

私の、ココログでの使い方は、もちろん単におばさんの年だからだ。

だいたい、本人の顔はわからないのだから・・

書こうと思えば何とでも書けるわけだし。

そして、会社で使うときは、また意味が違う。

とまぁ、色々な使い方もあるのだ。

言葉はおもしろい。

むふふ。

秋の森の奇跡 秋の森の奇跡

著者:林 真理子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

息子2の一言

「今日の玉子焼きは、美味しく出来たね」

この何気ない一言が、とても嬉しかった。

この年になると、大体人にほめてもらえる事なんて、皆無だから。

でも、内情は簡単。いつもと違うのは、お砂糖でした。

通常は、一番安い白砂糖を使用していたのを、三温糖にしたのです。

でも、玉子焼きの違いがわかる息子で楽しい。

親ばかな母より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

読書の秋 その8

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える Book オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

著者:木村 元彦
販売元:集英社インターナショナル
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近サッカーにちょっと、はまっている。

ひいきのチームが上位に居て、格好よい子、悪がきそのものの顔をしているが、平凡な奥さんが居て、動きの良い子が今のお気に入りだ。

そこで、『オシムの言葉』を、読んでみた。

民族紛争、政治がらみ、国、カタカナのサッカー選手の名前、ポジションとわからないコトだらけだった。

しかし、オシムの考えの出来る過程を、垣間見た感じがした。

サッカーに関して、オシムは確かに偉大なる人なのだろう。

きっと他のことをしても成功する人だと思う。(天は二物(にぶつ)を与えずなんて嘘だ!)

オシムのサッカー選手の育て方、チームを構成する人の切り捨て方は、そのまま子育てには使えないことも多いと思った。もちろんこのやり方は、会社の経営にも・・

走れない人は、リストラ!3度言っても自分で考えられない人は、伸びてこない。

これは、子供にはやれない。何度言っても、自分で気が付かない子もいる。

でも、オシムだったら、その子の良いところを伸ばしきることが出来るのかもしれない。

しかし、私には出来ない。

会社でも、使えないからといっても、すぐくびを切ることが出来ない会社も多い。

逆に言えば、だから、私も会社に居座ればよかった。

オシムのような上司がいる会社ではなかったのだから・・・

と、話がずれて単なる中年のおばさんの愚痴になってしまった。

だいぶ、ネガティブな読み方をしてしまったような書き方をしたが、きっと、ためになったことも私の中にもたくさん残っていると思う。

大体、いつも本を読んでも、長いカタカナの、または漢字の人名、場所名は、読み飛ばす。

でも、本を読むことで、その場で気付かなくても、自分の中で、自分なりに受け入れ、消化して、今の自分が出来ていくのだと思う。

だから、変わっていくかもしれない自分のためにも本を乱読するのはやめられない。

とにかく、やっぱり、この本は泣きながら、読んでよかったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

娘と映画「トリスタンとイゾルデ」

知り合いいわく「きわどいシーンがある」

私「娘は漫画で、エロシーンは慣れているから大丈夫」

知り合いいわく「エロシーンじゃないわよ」

観てわかりました。西洋版ちゃんばらシーンでした。

娘より、私が観ていられず、しょっぱなの西洋版ちゃんばらシーンを観ないでいたら、なんと、どっちが良いほうか悪いほうか人員構成もわからず、腑に落ちないまま観終わってしまいました。帰り道、このシーンを、娘に解説してもらい、ようやく全編を理解したのでした。

ロミオとジュリエットのマーク王出演版でした。

ハッピーエンドとまではいかないので、私には、いまいちでした。

マーク王は本当にいたようですが、裏にこの話のようなことがあったかは、歴史に弱い私には不明。

アクセス説明には駅から7分とあったが、所要時間20分で到着したが、帰りはなんと45分もかかってしまいました。

方向音痴な親子より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

むかつく上司

主人は、ここ何週間、終わりの時間はエンドレスという状態の土曜出勤をしている。

ちなみに、今週、むねやけがする。胃が痛い。と言い出し、病院に行かせたところ、{急性胃炎}との診断!!

「上司も皆来てるんでしょ?」となにげなく聞いたところ、なんとトップの上司は、社長以下役員とゴルフとの事。

何なんだこの上司は!急に怒り爆発の私が、そこにいた!

ゴルフなんかしている場合じゃないだろ!っておもいます。なぜならば、この会社はどん底から這い上がるのに、副ちゃんの一言で、下っ端は働きづめだというのに。

今の役員なんか、社長を筆頭に使えないおじさんばかりである。

それらが、ゴルフで集合してなんになるんだ!そんなことしている場合ではないだろ!

ちなみにこの会社の馬鹿社長は、

遠くない未来に退任と決まっているらしい。

そういえば、その後はどうなるのだろう?

会長とか、顧問に納まったりしたら石投げてやりたい・・

だいたい世の中、悪さしたり、出来が悪くて落とされたりした役員が、違う役職の元、会社に居座り、高い給料を継続する場合が多すぎると思う。

下っ端は、つらすぎる・・・

部下は胃炎になりながらも出勤しているというのに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

先週のひとこと

~~其の1~~うれしかったひとこと

 若いお兄ちゃん?に「かわいい」と言われた。

 この年になって、何十年ぶりかに、「かわいい」と、自分より絶対年下の男に、こんなおいしい言葉を言われて、うれしかった。やっぱり、外には出てみるものだ。

家に引きこもって、みなの要望を必死に応えてあげても、感謝も無ければ、母親が、自分の言うことをしてくれるのは、当然と思っている家族しかいない。もちろん、この私が、具合が悪くなっても、誰も何もしない。

~~其の2~~ うれしかったひとこと

さんざん「うちの家族はへんだ」と言っていた馬鹿息子が、「うちはまともだったんだ。」と言ったこと。

「うちの親は、理屈で話す。突然切れたりしない」

友達の親は、突然切れたりするらしい。

論理的とは言わず、理屈と言うところが、相変わらず、国語力の無い馬鹿息子でした。

しかし、外に出て、いろいろな人と話すことで、ウチの良さにも気づき、少しはまともになってきたようで、めでたし!めでたしでした。

~~其の3~~

大学受験を考えなくてはならなくなった、先生志望の娘いわく、

「京大の教育学部(?)は、とんでる!」

偏差値が、ほかの大学と比べて、非常に高い、手の届かない位置にあるらしいこと。

~~其の4~~

「セクハラだ」

私が、後ろに進んでいて、後ろのおじさんにぶつかってしまい、「ぎゃー」と言ったと言う話を、パパにしたときの彼の一言でした。

この状況もセクハラというのかなぁ?

だいたい、こんなおばさんにセクハラするおじさんがいるものだろうか・・・?

たぶん反射神経がなくなった男だったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

読書の秋 その7(まほろ駅前多田便利軒 三浦 しをん

まほろ駅前多田便利軒』を、読んだ。

曾根田のばあちゃんの予言から始まり、そこに息子と年老いた母のかかわりを垣間見、夜逃げをしてしまう家の犬が運ばれ、そのやり取りで主人公の嫌いな女像の一部がみえ、その犬がらみで、謎の男、行天が登場してと、話は進んでいく。

それから、やくざに警察にと、でてきて、ハードな描写があったり、やくざのやさしさとかも見えたり、凶暴性?も、もちろんあり、高校生の親殺しがあったり、その背景も知ると、「彼女の行動も無理ないかなぁ」と思ったり、不倫あり、赤ちゃんの自然死あり、精子だけ供給の父と、その子を育てる女の人同士の夫婦?と、まぁ、今世の中で起きているようなことが、たくさんちりばめられている上、最後は、主人公と行天のやり取り、やさしさにほっとするというお話でした。

読んでて、面白かったし、怖い所もあったけど、読み味はおいしかったです。

人気ブログランキングへ

まほろ駅前多田便利軒 Book まほろ駅前多田便利軒

著者:三浦 しをん
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

大多摩日帰り温泉スタンプ3個目

今日は空いてそうなので素直に中央道上野原ICから小菅の湯を目指します。

上野原-丹波山線で1時45分には小菅の湯に到着。まずは腹ごしらえです。

いわな蒲焼どんぶり定食源流セットを頼んで、桑の葉茶がセルフサービス。

いわなの刺身と岩魚の蒲焼とそれについている頭と骨を揚げたのをだんなと分けながら食べましたが、おいしかったです。源流セットは五穀ごはんがヘルシー。満足して温泉へ。

サウナは小さかったけど、五右衛門風呂やイベント風呂(今日はさんしょう)、ジャグジーに打たせ湯など、お風呂のバリエーションがあって、何時間でも入っていられそう。だんなとの待ち合わせ時間を早くセットしすぎたのを後悔したのでした。

帰りに物産館によってソフトクリームを食べてから帰途に。物産館でうりきれだった、チャーちゃんまんじゅうというのがどうしても気になって、奥多摩周遊道路方面に向かいでお店を探します。ふかしたて5個ゲットに成功です。

奥多摩周遊道路の月夜見第一駐車場で休憩。奥多摩湖、小河内ダムを望みます。紅葉には未だ早いけどきれいに晴れて最高の景色でした。

最高の天候の下で食べたのがチャーちゃんまんじゅう。まったく予備知識なく、とにかく仕入れたのですが、食べてみると何ともなつかしい味のあんまんでした。煮込んだつぶあんが、ソ・ボ・ク(素朴)! 中村屋やキムラヤのあんまんとは全く違う温故知新感覚です。今度はなす味噌とかきのこを試したいです。

奥多摩周遊道路から五日市街道を目指します。そこからは素直に甲州街道に入るつもりでした。ところが、五日市駅前で右に曲がり損ねて秋川街道へ。圏央道の側道を曲がって滝川街道から中央道八王子を目指します。結果的には道はスイスイ、たいした渋滞も無く無事帰りつけたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

大多摩日帰り温泉スタンプ2個目

奥多摩温泉もえぎの湯に行ってきました。

最初は、小菅の湯を目指してました。甲州街道も中央道も八王子まで大渋滞のようなので、川崎街道から八王子インターを目指したところが、八王子インターまでたどり着いたら小仏トンネルまで渋滞が伸びていたので小菅の湯を断念。拝島橋から新奥多摩街道に入ってもえぎの湯を目指します。

ナビを持ってないので、20年前の地図でだんなにナビさせていましたが、途中寄ったローソンでとうとう地図を購入。↓

広域首都圏道路地図 広域首都圏道路地図

販売元:昭文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近の地図はページ毎にQRコードが着いていて、周辺情報をゲットできるのですね。今度出かけるときはQRコード情報をもっと活用しよう。

青梅街道に入って、青梅線日向和田駅をすぎたところ、奥多摩釜めしで腹ごしらえ。

野菜の釜飯セット1680円、鶏の出汁が美味しかった野菜の水炊き付きで美味しかったです。

もえぎの湯は車で入場規制した上に、車を入れた後も整理券で順番待ち。30分以上待って入ると、なるほど脱衣場も洗い場も狭く、サウナは無くて、風呂はジャグジー付きの大風呂と露天風呂だけ。これでは入湯制限しないと人が溢れかえってしまいます。基本料金750円(ネットで100円引きクーポンがあります)では2時間だけでしたが、2時間目いっぱいいるほどゆっくり出来るようなところではありませんでした。

ともあれ、大多摩湯めぐりスタンプラリーのスタンプ2個目をゲット。もえぎの湯は残念だったけど、帰途についたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

読書の秋 その6.5

昨日の本の題名は、「八月の路上に捨てる 」でした。

奥さんと伊藤さんの顔が露見してしまったのが残念です。

作家は、顔を出さない、私生活を明かさない方が良い場合と、そうでない場合があると思います。この二人のときは明かしてほしくなかったパターンです。

エロっぽい小説の時はなおさらです。林真理子の顔とか浮かびたくないことあるし・・

「虹の彼方」小池真理子ならОKかなぁとか・・・

「愛の流刑地」渡辺 淳一 は、微妙・・・

八月の路上に捨てる 八月の路上に捨てる

著者:伊藤 たかみ
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

虹の彼方 虹の彼方

著者:小池 真理子
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

愛の流刑地〈上〉 愛の流刑地〈上〉

著者:渡辺 淳一
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

愛の流刑地〈下〉 愛の流刑地〈下〉

著者:渡辺 淳一
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

読書の秋 その6

結構暗い本だった。

私には、学校卒業時にこれといった夢なんか無かったので、普通に会社に就職して、適当に良いだんなを見つけましょうという心意気だった。

そんな、彼氏が夢を追うのを助けて、自分はある程度のところで我慢しましょう、なんて気持ちは、さらさら無かった。

しかし、結局この本の主人公の奥さんは、壊れて離婚!

べつに、離婚が悪いとも申しませんが・・・

この主人公もいまいち!

ヘルペス食べるなって!!!!気色悪~!

一番良かったのは、気色悪い主人公と組んで、缶の配達をしているおばさんだ。

彼女大好き!!!

この本は、さて何でしょう?

わかった方は、コメントしてみてください。

ぜんぜん、関係ないけど、40才代のおばさんが二人でいける危なくない東京のディスコ(懐かしい~)、をどなたか教えてくださ~い。

いけめんがいれば、ますますよろし!

しかし、こちらはただのおばさん!(;_q))クスン

やっぱり、イケメンはむりですんべ。

酔っ払いのおばさんより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

読書の秋 その5

今年度読んだ林真理子の本で、一番えろっぽかったのは、ウーマンズ・アイランドだったような・・

って、私、超エロい人かと思われても困るけど・・

まぁ、欲求不満の自己消化だと思います。

それも、読んでる本を人様に見られても、聞かれても大丈夫な本を探すのです。

いっそうのこと、完璧エロ小説を読めたらどんなに簡単かとも思いますが・・

活字から、えろっぽそうなところを読むのも想像力を働かせられて、ボケ防止にはなるかな?

最近の少女漫画も結構すごいですよね。

まずは、動物的なことをしてから、複雑な話が始まったり・・

実際に、成人式前の男の子が、付き合い始めて、2ヶ月目には(定かではない。もっと早いかも・・)、性人式を終わらせていたというのも最近耳にしました。

私は、古いのかなぁ??

そこに行くまでの、過程のやり取り、駆け引きが面白かったんだけどなぁ・・

今日のお勧め本は、

ウーマンズ・アイランド ウーマンズ・アイランド

著者:林 真理子
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自己消化するしかない主婦より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

日帰り温泉スタンプラリー再挑戦

先週は、奥多摩町もえぎの湯に行き損ねてショボンとして帰ってきましたが、今日は、気合十分、そのさらに奥の小菅の湯(小菅村)または、のめこい湯(丹波山村)を目指して、いざ中央道へ。

順調に上野原ICで降りて上野原-丹波山線を小雨の中走ります。でもこの道は、対向車線があるところが少なくて正直怖かった。だんなの運転だからなおさらです。小菅村に入ってしばらくすると、小菅の湯の看板が。私はすぐにでも温泉に入りたかったのですが、だんなは、道が順調だからあと8キロ走ればのめこい湯だと言って譲りません。

仕方なく、大月から来ている国道139号から丹波山を目指します。午後2時過ぎには無事のめこい湯に到着。おいしいとろろそばを食べてから1時間半ほど入浴しました。

のめこい湯の温泉はすべすべする感じ。とても気持ちよかったです。

昨年、日の出町つるつる温泉と檜原村数馬の湯からはじめた大多摩湯めぐりスタンプラリー、あえなく期限切れとなってしまいましたが、これで再スタートです。今回は、入湯していないところも場所ははっきり知っているし(少なくともだんなは)1日で2箇所ずつはしごできるかも。

帰りは大月IC目指したところ、表示板が見つからず。結局上野原ICから中央道で帰ったのでした。ときどき雨が強く降りましたが、渋滞らしい渋滞もなく珍しく順調なドライブとなったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »